ホンダ
ホンダが、F1スペインGPにむけたアップデートパッケージにエンジントークンを使用しないことを選んだ。

マクラーレン・ホンダは、バルセロナのためにシャシーとエンジンの両方に大幅なアップデートを導入する。

マクラーレン・ホンダのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、ライバルとのギャップを縮めるためにホンダが9枚のトークンの一部を使用する可能性をほのめかしていた。

しかし、ホンダは、現在のパーッケージを改善することに集中し、トークンには手を出さなかったと AUTOSPORT は報じた。

アップデートは、信頼性とドライバビリティ、パワーユニットの小さなコンポーネントの製造品質の改善に集中しているという。

また、マクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソがバーレーンで記録した11位を上回ることを狙い、エンジン・マッピングのソフトウエアもアップデートしたという。

各メーカー、残りのエンジン開発トークン

ルノー 12
フェラーリ 10
ホンダ 9
メルセデス 7

関連:F1:パワーユニット開発の『トークン』とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / マクラーレン