ヒスパニア・レーシング
ヒスパニア・レーシングは、ジェフ・ウィリスの設計で2011年マシンの作業を進めていることを明らかにした。

今年、ヒスパニア・レーシングはダラーラが製造したF110を走らせていたが、シーズン中に契約を終了。ほぼアップデートもないままシーズンを終えた。

2011年はトヨタが2010年に参戦を予定していたTF110をベースに使用する予定だったが、契約は破綻。参戦自体が危ぶまれていた。

しかし、チームオーナーのホセ・ラモン・カラバンテは、2011年マシンはジェフ・ウィリスがデザインを担当しており、「彼がデザインしたマシンは我々に多くの喜びをもたらしてくれるだろう」と Radio Marca にコメント。

「マシンはドイツとイギリスで部分的に作られており、準備は整えっている。我々はしばらく前からマシンに取り組んでおり、バーレーンには確実に間に合う。今年の方が大変だった。今回は冬季テストにも参加する」

ホセ・ラモン・カラバンテは、ヒスパニア・レーシングの2011年マシンが“複数のサプライヤーと提携する”フォース・インディアやトロ・ロッソと類似したものになると述べた。

またトヨタとの計画で問題になったのは、コスワース製エンジンが、独自のパワープラントを持つトヨタ製シャシーにフィットしなかったことも原因だったと明かした。

「コスワースはトヨタにうまくフィットしなかったが、コスワースとの契約は解除できなかった。彼らの信頼性が最も低いという条項があったが、彼らはその条件に当てはまらなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: HRT