ニック・ハイドフェルド GPDA会長
ニック・ハイドフェルドがGPDAの新会長に就任したことが明らかになった。

このニュースは、ロータスのヤルノ・トゥルーリが明らかにしたもの。

これまでGPDAの会長を務めてきたペドロ・デ・ラ・ロサは、今年からレースドライバーとしてF1に復帰したため、会長を辞任することを希望していた。

それに伴い、GPDAはアルバート・パークのパドックで会議を開き、ニック・ハイドフェルドが新会長として選出された。

F1出走169回のベテランドライバーであるニック・ハイドフェルドは、今年レースシートを確保できず、メルセデスGPのリザーブドライバーを務めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニック・ハイドフェルド