ニック・ハイドフェルド
ニック・ハイドフェルドは、ヘレスでのロータス・ルノーGPによる評価テストが終わる前にすでにR31の開発に取り組むことができたと述べた。

ロータス・ルノーGPは、負傷したロバート・クビサの代役として評価するためにニック・ハイドフェルドをテスト。ハイドフェルドは、初めてドライブするロータス・ルノーGP R31で3日目のトップタイムを記録した。

テストを終えたニック・ハイドフェルドは、マシンの開発エリアについてアイデアを与えられるほどすべてがうまくいったと述べた。

「今日、僕たちはすでにマシンを改善させ、方向性やどこに問題があってどこが強いかを見いだすことに取り組み始めた」とニック・ハイドフェルドはコメント。

「もちろん、今後もドライブ出来るように今日は最高の仕事をしようとしたけど、通常のテストとしても使ったし、マシンを改善させようとしていた」

「マシンはすでに今朝の状態とは非常に異なっているし、僕のドライビングスタイルにより合ってきている。まだ理想的ではない。僕の持っているフィーリングではもっと引き出せる部分があると期待しているけど、ベースはいいね」

ニック・ハイドフェルドは、チームと一緒に走ることは効果的なオーディションだったと述べ、今日行った仕事にとても満足していると付け加えた。

「自分の仕事に満足している。とても嬉しく思っている」とニック・ハイドフェルドは述べた。

「これ以上うまくできなかったと思うし、ミスもなかった」

ニック・ハイドフェルドは、まだチームと今後の可能性については詳細な話はしていないが、彼のチャンスを取り巻く不確実性に気が散ることはなかったと述べた。

チームからいつ答えをもらえることを期待しているかと質問されたニック・ハイドフェルドは「それについてはまだ議論していない」とコメント。

「僕の焦点は今日だけだったし、それが重要だった」

「テストのあとに彼らがどのように話してくるかについて考えても役には立たない。集中力を奪うだけだ」

明日はロータス・ルノーGPのリザーブドライバーを務めるブルーノ・セナがR31を走らせる予定だが、チーム代表のエリック・ブーリエはすでにブルーノ・セナがロバート・クビサの代役を務める可能性を除外している。

関連:
F1ヘレステスト3日目:ニック・ハイドフェルドがトップタイム!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニック・ハイドフェルド / ルノー