ルイス・ハミルトン、F1ワーストシーズン結果も「最悪の年は2011年」
ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、2022年を未勝利で終えてランキング6位とワークトリザルトで終えたが、F1キャリアで最悪のシーズンは2011年だったと語る。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、2022年に9回の表彰台を獲得したが、W13の競争力に苦しみ、16年のF1キャリアで初めて勝利とポールポジションを獲得できず、2007年にF1デビューして以来初めてチャンピオンシップでトップ5入りを逃した。

ルイス・ハミルトンも3レースでジョージ・ラッセルの後ろでフィニッシュし、チームメイトは2位と 35 ポイント差のランキング4 位を獲得している。

2011 年、ルイス・ハミルトンは、3回優勝しましたが、私生活で父親のアンソニー・ハミルトンと当時のガールフレンドであるニコール・シャージンガーとの関係に問題を抱えて、チャンピオンシップを5 位で終えている。

F1キャリアの中で最悪のシーズンだと感じているかと質問されたルイス・ハミルトンは「いいや、2011年がおそらく人生の面で最も困難な年だったと思う」と語った。

「今年は最高の年というわけではなく、最悪のシーズンのトップ 3 に匹敵する年だったけど、自分自身、チームとの連携、全員がどのように団結していたという点では、はるかに強い年だった。だから、多くのプラスの点があったと思う」

ルイス・ハミルトンの2022年シーズンは、4位を走行していた最後から2周で油圧の故障が疑われた後、残念なリタイアで終わった。

「最後のレースまで、可能性はあると常に信じていた。だから、希望を持ち続け、とにかく働き続けることが重要だと思う」

「僕は全力を尽くしたし、最終的には最後のレースほぼシーズン全体のようだったと思う。僕の1年を総括したようなレースだった」

土曜日の予選でかなりペースを落とした後、ルイス・ハミルトンは二度と W13 を運転しないことを 「楽しみにしている」と語った。

火曜日のポストシーズンテストで2022年のチャレンジャーをもう一度運転したルイス・ハミルトン、病気のふりをするかもしれないと冗談を言った.

「病気だと電話しなければならないかもしれない」とルイス・ハミルトンは語った。

また、ルイス・ハミルトンは、シーズンで少なくとも 1 回のグランプリ優勝という記録を失ったことについて、どのように感じているか質問された。

「正直、勝てればよかったけど、1勝じゃ物足りないよね?」とルイス・ハミルトンは語った。

「今年は、トップ5を達成したときは勝利のように感じた。トップ4を達成したときは、勝利のように感じた。最初の表彰台を獲得したときは勝利のように感じた」

「その数秒は本当に何かを達成したように感じたので、それを維持していく」

ルイス・ハミルトン F1 メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス