ルイス・ハミルトン 「ミスをした自分を責めるつもりはない」 / メルセデス F1シンガポールGP
ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、2022年 F1シンガポールGP の決勝を9位でフィニッシュ。だが、レースを台無しにしたミスについて自分を責めるつもりはないと述べた。

3番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)を追っていたレース中盤に、コントロールを失ってバリアにノーズを突っ込んだ。レースを続行することはできたが、フロントウイングが損傷していたため、交換を余儀なくされた。

ルイス・ハミルトンは、そのピットストップをスリックタイヤへの交換を組み合わせることができたが、そのエピソード全体で多くの時間がかかり、4番手から9番手に落ちた、最終的にその位置でレースを終えた。

ミスについて質問されたルイス・ハミルトンは「その時にそれがすべて終わったと分かった」とコメント。

「でも、それが起こったことだ。自分のミスを責めるつもりはない」

「誰にとっても非常にトリッキーなコンディションだったと思うし、僕たちがこのクルマにどんな問題を抱えていても、雨が降って濡れるときはさらに大きくなると思う。雨の中で運転するのは非常に難しいクルマだ」
マックス・フェルスタッペンのように、マシンがボトムアウトしたときにコントロールを失ったのかと質問されたルイス・ハミルトン「よくわからない。データを確認する」と語った。

「そのせいにはしたくないけど、マシンはかなりボトミングしていてロックしていた。だから、ロックがどこから来たのかは分からない」

ルイス・ハミルトンは当初、ウイングにダメージを負わずに逃げ切ったと思っていたと語る。

「最初の数コーナーは普通に感じたけど、最終的に火花が散り始めた。それで失敗したんだと思った」」

ルイス・ハミルトンのレースは、スタートでの1コーナーでカルロス・サインツJr.に抜かれたときに悪化した。彼はラジオで、自分は押しのけられたと語ったが、サインツにペナルティを望んでいるわけではなかったと主張した。

「問題はなかった」とルイス・ハミルトンは語った。

「レースだ。僕がそれについて言及した唯一の理由は、自分からトラックから外れたと思われたくなかったからだ。右端にボラードがある。それが唯一の理由だった」

カルロス・サインツJr.に抜かれたことで、ルイス・ハミルトンはレースの大部分で立ち往生するなり、レースウィナーのセルジオ・ペレスとシャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)と戦うチャンスを失った。

「ある意味で難しいスタートだったし、もちろんカルロスの後ろでスタックしてしまった。なぜ彼がそんなに遅かったのかは分からない。でも、このような状況で彼を追い抜くのに十分な速さはなかったし、ただ彼の後ろに座っていた」

「前のドライバーたちと同じようなタイムを出せたと思うけど、彼の後ろで身動きがとれなくなっていたのでできなかった。もし僕が3番手にいたら前にいる人たちについていけたと思う」

また、ルイス・ハミルトンは、レースの早い段階で無線で『このタイヤについて話していたよね』とグリップ不足を訴えたことについて説明した。

「スクラブしたインターでグリッドまで周回し、新しいインターを装着したけど、ひどかった。温度が上がるまでに数周かかった。僕阿智は何らかの理由で他チームのようにタイヤを素早く発火させることができない」とルイス・ハミルトンは語った。

「ウエットでもスリックでもね。理由はよく分からない。でも、温度の面で何かが起こっていたのかもしれない。ドライでのロングランを見れば、寿命は長いからね」

週末から何かポジティブなことを見たかと質問されたルイス・ハミルトンは「今週末、クルマにその瞬間があったのは確かだし、それほど悪くはなかったと思う。このクルマは少し当たり外れがある」とコメント。

「今週末から得られるポジティブなものは確実にあったと思う。チームのためにポイントを獲得できなかったのは残念だ。 おそらくチームのために3ポイントを獲得できたと思う。でも、僕たちはそれを受け入れるつもりだ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス