ルイス・ハミルトン 「車は狂ったようにバウンシングしている」 / メルセデス F1シンガポールGP 金曜フリー走行
ルイス・ハミルトンは、2022年F1シンガポールGP初日のフリー走行を5番手でフィニッシュ。メルセデスはシンガポールで主要なライバルのペースから約1秒遅れていると考えており、彼の車はマリーナベイのトラックで「狂ったように跳ねていた」と述べた.

ルイス・ハミルトンは金曜日に生産的なFP1を楽しみ、今シーズン初めてプラクティスセッションでトップに立った。しかし、FP2では、ペースセッターのカルロス・サインツJr.(フェラーリ)から0.595秒遅れ、メルセデスのチームメイトであるジョージ・ラッセルから0.271秒遅れた。

ルイス・ハミルトンは、FP2がより代表的なセッションであると考えている。

「スタートは良かったけど、2回目のセッションはそれほど良くなかった。ほぼ毎週末と同じようにね」とルイス・ハミルトンはFP2の後にコメントした。

「クルマはそのままで、狂ったようにバウンシングしている。今週末、ここで大幅にずれているようには感じていないけど、おそらくまだ1秒遅れている」

「僕たちはそれに取り組み続けなければならない」

ルイス・ハミルトンのクルーたちは、バウンシングを軽減するのに苦労した。ルイス・ハミルトンは、チームメイトのジョージ・ラッセルの方がW13でよりうまくセットアップをダイヤルすることができたと考えている。

「バウンシングに関して僕たちにできることはあまりない。そのままだ」とルイス・ハミルトンは語った。

「セットアップに関しては、間違いなく、ジョージはもう少しタイムを見つけることができたと思う。間違いなく僕サイドはもっとタイムがあったと思うけど、あまり良いラップができなかった」

「セットアップには多くのロックがかかっていたと思うけど、今夜はそれを修正して、明日また戻ってきて、もっと良いものを試すつもりだ」

ルイス・ハミルトン メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 シンガポールグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1シンガポールGP