ルイス・ハミルトン 「2022年の不振が来年もF1を続ける決定的な要因になった」
ルイス・ハミルトンは、2022年のF1シーズンにおけるメルセデス W13な期待外れのパフォーマンスが、来シーズンもレースを続ける理由の決定的な要因となっていることを明らかにした。

メルセデスF1チームは 2021年末に8回連続でコンストラクターズ チャンピオンシップを獲得したが、2022 年にはまだ表彰台の頂点に立つことができていない。

ルイス・ハミルトンは、2021年シーズンの胸が痛むような結末と相まって、もし状況が違っていたら、もう1年残留する気力がなかったかもしれないとほのめかした。

「昨年優勝したばかりで、今年も優勝していたら、人生は別の場所にあり、別のコースにいたと思う」とルイス・ハミルトンはracer.comに語った.

「さらに困難な段階を経て、その厚いスローグを乗り越えて、少し軽くなり、少し浮かんでいるところまでたどり着かなければならない状況を楽しんでいる。そうだね、それが僕がより長く滞在することを奨励したと言える」

「それに加えて、すごく元気だ。体調を良くする方法を見つけている。メンタルな課題は一貫してあるし、僕たちアスリートは限界に直面しているので常につきまとう。僕はまだここにいるに値すると思うし、やるべきことはたくさんある」

メルセデスW13は、ブダペストでのジョージ・ラッセルのポールポジションを獲得するなど、シーズンを通じて改善の兆しを見せている。だが、チームは年間を通じて13回の表彰台を獲得しているが、レッドブルとフェラーリの主要なフロントランナーと競争するペースに欠けていた.

キャリアの大半のように勝利を目指して戦っていないのは痛いかと質問されたルイス・ハミルトンは「痛いとは言わない。 僕たちは皆、それがどういものであるかを知っているからね」とコメント。

「僕たちはその戦いに参加したいと思っている。すべての車がもっと近くにいて、僕たち全員が前に近づいてより良い戦いをしていることを願っている」

「来年2月に戻ってきたときに、クルマが地面に触れて、我々が望んでいることをやってくれることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス