ルイス・ハミルトン、F1参戦全シーズンで優勝の記録は「重要ではない」
ルイス・ハミルトンは、F1参戦した全シーズンで少なくとも1勝以上を挙げている唯一のF1ドライバーだが、「記録はあまり気にしていない」と語る。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンとメルセデスF1チームは、新世代F1マシンで思わぬ苦戦を強いられており、残念ながら2022年シーズンでまだ優勝を達成できていない。

F1イタリアGPを最後列からスタートしたルイス・ハミルトンは、5位でフィニッシュ。過去数戦でメルセデスF1は競争力を高めており、彼の驚くべき記録を維持するチャンスはあと6回あるが、その価値に肩をすくめる。

「正直なところ、それは僕にとって重要ではない」とルイス・ハミルトンは語った.

「2007年以来、毎年勝つチャンスがあったことに感謝しているし、今年もチャンスがあると信じている」

「まだ6レース残っているけど、チームがトップに戻ってリードを争うことは間違いなく大きな目標だ」

「記録に集中していあい。もちろん、今年は優勝を目指しているけど、記録は重要ではない」

「一般的に、記録はあまり気にしていない」

ルイス・ハミルトンは、2007 年以来、毎年レースに勝っているが、2021年のアブダビフィナーレに続いて、ポーパシング/パウンシングと車のパフォーマンスの問題に見舞われたシーズンだった。

それでも、ルイス・ハミルトンは、多くの信じられないほどのF1記録を保持している。その中には、最多勝利、最多ポールポジション、最多ポイントが含まれている。

しかし、最も印象的なのは、ミハエル シューマッハと共に最多チャンピオンシップ (7回)の共同保持者であることだ。しかし、37歳のルイス・ハミルトンがもう1つのタイトルを追加して完全な記録保持者になる時間はなくなってきている。

「確かにもう1回の世界選手権で優勝することは挑戦だ」

「それぞれのシーズンを最初のシーズンのようにアプローチしている」

「ワールドチャンピオンを獲得する感覚はとてもユニークで特別だ」

「歴史上、7回を超えたドライバーはいないという考え? もちろん、それを達成したいと思っている」

「でも、年をとるにつれて、その旅が最も重要な部分であることがわかる。引き連れているすべての人々と一緒に乗ることがね」

「自分のチームだけでなく、ミッション 44 での仕事を通じて、多くの人々を高める機会がある。もっと大きなピクチャーがある」

「でも、個人的な観点から? もう1回ワールドチャンピオンを獲得することは目標のままだ。チームのためにこれを行うことを誇りに思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス