ルイス・ハミルトン、F1継続に意欲「燃料はまだ十分に残っている」
7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1でまた新たにタイトルを獲得するという野望を達成するために「タンクにはまだ十分な燃料」があるが、完全に「燃え尽きる」まで待つつもりはないと語る。

今シーズンの終わりにセバスチャン・ベッテルがF1から引退するという発表は、必然的にルイス・ハミルトン自身の将来に疑問を投げかけた。特にハミルトンはベッテルより2歳年上であり、今年は2007年のデビュー以来、F1での初めて勝利のないキャンペーンの真っ最中にある。

しかし、ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1の問題や来シーズンにF1の高齢者になるという見通しにもかかわらず、今日現在は、年金計画や豪華な引退を楽しむために落ち着くことは計画していないと主張する。

ルイス・ハミルトンは「自分が一緒に長い間レースをしてきた人々が辞めていくキャリアのパートにいることを思い出させるものだと思う」とセバスチャン・ベッテルの引退にそれとなく言及した。

「あっという間にフェルナンドはここからいなくなるだろう。そして、その後、誰がそこにいる? おそらく僕が最年長になるだろうね! でも、それが僕に引退を考えさせているわけではない」

「どうすればこの車を改善できるかを考えている。このチームを再び勝利に導くために必要なステップは何か、また世界選手権で優勝するためのロードマップは何かを考えている」

「多様性の観点から僕たちがやろうとしている仕事を真に反映していくために、このスポーツで誰もが足並みをそろえるために必要なステップは何か? 僕はそういったすべてのことを考えている」

「タンクに残っている燃料について話せば、僕はまだそれらのことのために戦っているし、まだ十分に燃料が残っていると感じている」

「僕はまだミッションに取り組んでいる。まだドライビングが大好きだ。まだそういったことによる挑戦を受けている。だから、すぐにそれをあきらめなければならないとはあまり感じていない」

モチベーションと野心は変わらないが、ルイス・ハミルトンは自分のスキルと考え方が必然的に衰え始める時が来ることを分かっていると語る。

しかし、37歳のルイス・ハミルトンは、それが起こる前に、そして、自分が「燃え尽きる」段階に達するかなり前に、引退するつもりだと主張する。

「もし止まっても、タンクにはまだ燃料が残っているだろう」とルイス・ハミルトンは語った。

「完全に燃え尽きて、何も残らないようになるまではやらないと思う。でも、それはしばらく先のことであることを願っている」

ルイス・ハミルトン F1 メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス