ルイス・ハミルトン 「モントリオールで経験したなかで最悪の感触」 / メルセデス F1カナダGP 金曜フリー走行
ルイス・ハミルトン(メルセデスF1)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの金曜フリー走行を13番手で終えた。

未だバウンシングの問題を解決できていないメルセデスF1は、フリー走行1回目にルイス・ハミルトンのマシンで新しいフロアを試したが、うまく機能しなかったとハミルトンは明かす。

「すべての金曜日とかなり同じようにたくさんのことを実験した」とルイス・ハミルトンはコメント。

「今朝、車の新しいフロアを試したけど、実際には機能しなかった。この車で試してみてもうまくいかないことがたくさんあるように思う」

「FP2の2台の車で非常に異なるセットアップを試し、一つの方向性が機能するかどうかを確認した。僕たちがこの車でそれを改善するために何をするにしても、それはよりアンハッピーになるけど、僕たちは働き続けなければならない、そこは仕方ないことだ」

「ここの縁石はちょっとでも触れると車が飛んでいく。とても硬い。ここモントリオールでは縁石に乗る必要がある」

「僕が慣れ親しんできたモントリオールではなく、キャリアを通じて運転してきたモントリオールでもない。ここで車を感じた中で最悪の感触だったので、一晩で確実に進歩することを願っている」

「ウォールから車を遠ざけるためだけに重大な戦いを繰り広げている。ジャンプする車をキャッチしている。それは間違いなく自分をを鋭い状態に保つ。車高を上げたけど、あまり違いはなかった」

ルイス・ハミルトン メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 カナダグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1カナダGP