ルイス・ハミルトン 「自分をメルセデスF1のリーダーだとは感じていない」
ルイス・ハミルトンは、自分をメルセデスF1のリーダーだとは感じておらず、自分とジョージ・ラッセルはチームの他の誰よりも一生懸命働いていると語る。

ルイス・ハミルトンにとっては奇妙なシーズンとなっている。バーレーンでの開幕戦での思いもかけない表彰台フィニッシュに続き、サウジアラビアでは10位のフィニッシュ。スペインでは、フィールドの最後尾から5位に挽回するパフォーマンスを見せたが、チームメイトのジョージ・ラッセルの台頭を考えると、このスポーツにおける彼の長期的な将来は疑問視されている。

F1で最大のスターとしてのルイス・ハミルトンの位置は否定できない。ジョージ・ラッセル、マックス・フェルスタッペン、シャルル・ルクレールの新世代が、レースでの勝利の話題の中心となっているように見えても、このスポーツで最大かつ最も人気のあるドライバーであり続けている。

それにもかかわらず、ルイス・ハミルトンは、自分をメルセデスF1のリーダーのようには感じておらず、 彼とラッセルはチームの他の誰よりも一生懸命働いていると信じていると語った。

スペイングランプリの前にジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトンの両方が出席した記者会見で、ペアに共同質問が行われ、ラッセルはハミルトンに見たリーダーとしての資質を尋ねられた。

最初にルイス・ハミルトンが応答し、自分がリーダーであることを否定した。

「まず第一に、自分がリーダーだとは言わないだろう」とルイス・ハミルトンは語った。

「ジョージと僕は、チームを動かし、チームの他の全員と同じように一生懸命に漕ぐのを助けるために、同じように一生懸命働いている」

「しかし、逆境と困難な時代を通して、常に自分自身について、物事にどう対処するか、物事をどのように振り返るか、どのようにネガティブをポジティブに変えることができるかについてもっと学んでいる」

「特に自分の方がはるかに多くを学んでいると言うつもりはないし、過去の経験がこの段階で役立ったと思う。そして、僕が精神的に持っていると自分で知っている強さを安心させていると言いたい」

「また、僕がまだ自分の仕事が大好きであることは僕たちを安心させている。勝利のために戦っていなくても、チャレンジは大好きだ。僕はまだ、僕たちが内部で行っているこの戦いを楽しんでいる。つまり、車で他の人を追いかけようとしている」

ジョージ・ラッセルはその後すぐに返答し、ルイス・ハミルトンがチームを最大限に活用するためにどのように機能するかを確認するのは「刺激的」だと説明した。

「ルイスがどのように物事を行うか、トト(ヴォルフ)がどのように物事を行うか、そして、すべての人に根付いている文化を見ることは、僕がメルセデスに参加して目にした大きなことの1つだと思う」

「それはある種の執拗だ」

「彼らは常により多くのことを目指して努力しており、決して自己満足せず、僕たちが直面しているこれらの問題を解決するために現在どのように全員が団結しているかを目にしている。継続的にもっと自分自身をプッシュする必要がある」

「だから、僕はルイスとチームメイトになり、メルセデスの一員になるという本当に特権的な立場にいると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / ジョージ・ラッセル