ルイス・ハミルトン、雑音を無視 「メルセデスF1チームは団結したまま」
ルイス・ハミルトンは、「ネガティブなものは無視」しており、逆境に直面しても団結したままであるメルセデスF1チームからインスピレーションを得ていると語る。

2022年F1マシンに影響を与えているポーパシング問題を解決するためのメルセデスF1の苦労は、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンに2014年のF1ハイブリッド時代の到来以降、最悪のシーズンスタートに耐えることを余儀なくさせた。

しかし、ルイス・ハミルトンがフィールドの上位に立ち直るためには2つの戦いがある。メルセデスF1のパフォーマンスの悪い車に対処することと、チームメイトのジョージ・ラッセルとのチーム内の挑戦をかわすことだ。

「この時期に僕が焦点を当てている1人の個人があるとは言わない」とルイス・ハミルトンは語った。

「周りを見回し、目に入るネガティブなものを無視しようとしている。ニュースをあまり見ていない」

「非常に多くの刺激的なキャラクターがいるし、決してあきらめず、プッシュし続けていることを継続的に証明していると思う」

「僕はこのチームと仕事をするのが大好きだ。チームに参加することはとても特権であり、共通の目標に向けて非常に多くの人々と協力し、全員がお互いをリフトアップしている」

メルセデスF1の困難と、ルイス・ハミルトンよりもW13の“バウンシング”の複雑さにうまく対処するジョージ・ラッセルの能力は、ハミルトンがいつ引退するかをすでに推測していた批判家たちからの風当たりを必然的に強めた。

しかし、103回のグランプリウィナーであるルイス・ハミルトンは「いつ終了するかを決める人」は自分だと語っている。ハミルトン目標は明確だ。強力なメルセデスF1チームが現在の困難な時期を乗り越え、それが起こったとき、成功を「さらに良く味わう」ことだ。

「これらの困難な時期に誰もがどれほど支サポーティブであるかは信じられないほどであり、僕たちは最も信じられないほどの時間を過ごしてきた」とルイス・ハミルトンは語った。

「いくつかの悪いレースが僕たちの足を止めることはない。これは僕たちが団結する場所であり、僕たちが個人として自分自身についてもっと学ぶ場所、僕たちが最も成長する場所だ」

「それは最終的な成功をもたらすだろう。僕たちが最終的にどこに到達することは間違いない。味はさらに良くなるはずだ」

ルイス・ハミルトン メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス