「ルイス・ハミルトンは世代交代の真っ只中にいる」とF1関係者
ルイス・ハミルトンは、F1の“世代交代”の真っ只中にいると元ドライバーのラルフ・シューマッハと元メルセデスのF1責任者であるノルベルト・ハウグは語る。

それでも、ノルベルト・ハウグは、7度のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンが、現在のメウセデスF1との不振の中でモチベーションを失ってF1をやめる可能性があるとは考えていない。

「ルイスが興味を失うことはないと思う」とノルベルト・はSpeed Weekに語った。

「実際、彼は2度タイトルを失てちる。1回はチームのミスであった2007年、もう1回はFIAによる誤った決定による2021年だ」

「フェルスタッペンがタイトルに値しないと言っているわけではないが、ルイスのドライビングパフォーマンスはワールドタイトルに匹敵するものだった。今、彼は8回目を追いかけている。もちろん、彼はまだそれを達成したいと思っているはずだ」

「だから、ルイスがモチベーションを失うのではないかという心配はない。しかし、我々はF11で世代交代を経験している」

「フェルスタッペンだけでなく、ラッセル、ノリス、ルクレールがいる。彼がイモラのようにミスを頻繁に犯さなければね」

ラルフ・シューマッハは、現在進行中の「世代交代」についてのノルベルト・ハウグの言葉を繰り返し、今年のルイス・ハミルトン対ジョージ・ラッセルは完璧な例だと考えている。

「ハミルトンは確かに依然としてトップドライバーだけど、彼はもはや自分のドライビングスタイルを変える気がないキャリアのパートに到達しているのは確かだ」とラルフ・シューマッハはSky Deutschlandに語った。

「ラッセルは自分の実力を知っているので、よりオープンマインだし、車を変えようとはしていない。彼は車で限界にいる必要があるが、彼はそれを行うことができる。そして、私はルイスがそこに彼の困難を抱えていると思う」

ノルベルト・ハウグは、メルセデスが2022年F1マシンであるW13の設計に根本的な誤りを犯したと考えている。

「競合他社とは非常に異なって見える」とノルベルト・ハウグは語った。

「冷却はまったく別の場所にあるが、ダウンフォースを発生させるはずの車の下の広い領域は明らかに使用できない」

「ラッセルにとって4位は素晴らしかったが、おそらくハミルトンのいる場所が現実だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス