F1:ルイス・ハミルトンが関与するコンソーシアム、チェルシーの買収レースに敗れる
ルイス・ハミルトンが関与するコンソーシアムは、プレミアリーグ(イングランド)のサッカーチームであるチェルシーの買収レースで敗れた。

ロシアのウクライナ侵攻によって、元オーナーだったロマン・アブラヒモビッチがチームを手放したことで、プレミアリーグ(イングランド)のサッカーチームであるチェルシーは所有者がいない状態となっている。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、彼の友人でテニス界のスターであるセリーナ・ウィリアムズは、チェルシーの買収に動いているブリティッシュ・エアウェイズの元会長で、プレミアリーグのリバプールでも会長を務めたことがある英国が率いるコンソーシアムにそれぞれ約1,000万ポンドを投資ことを約束していた。

しかし、最終的に米大リーグ(MLB)のロサンゼルス・ドジャース共同オーナーであり、バスケットボールのロサンゼルス・レイカーズにも出資している米投資家トッド・ボーリーが率いるコンソーシアムが、チェルシーの優先入札者として指名されると伝えられている。

チェルシーの買収レースには、メルセデスF1チームの株主である英化学大手イネオスの創設者ジム・ラトクリフも電撃参戦し、42億5000万ポンド(約6935億円)の最高額を提示したが、レイン銀行が設定した入札プロセスの期限を過ぎていたという。

これにより、ルイス・ハミルトンがサッカー界に参入するという希望は絶たれた。

アーセナルのファンであるルイス・ハミルトンは以前、チェルシーに入札するためにコンソーシアムに参加することについて次のように述べている。

「当然のことながら、ニュースでそれについて聞いた。誰もがそれを知っている。僕たちは連絡を受け、マーティンは時間をかけて電話で僕に話をして、彼と彼のチームが入札に勝った場合の目標を説明した。これは非常にエキサイティングだった。そして、それは僕の価値観と非常に一致していた」

「子供の頃、ステッカーやトレーディングカードを集めていたことを思い出した。子供の頃にファイルをいっぱいにして、お小遣いを集めて、最も価値のあるものを手に入れるために他の子供たちとお菓子と交換したことを覚えている」

「若い頃、最高の選手になろうとしていたし、実際にチームでプレーしていた。若い頃にスティヴネイジFCのトライアウトを受けたけど、その後はレースをしていた。実際にチームの不可欠な部分になることを夢見ることしかできなかったので、これは僕にとって最もエキサイティングな部分だ」

ルイス・ハミルトンは、投資がF1キャリアに影響を与える投資について「現時点では、僕の主な焦点はF1であり、これは僕の第一のビジネスベンチャーや投資ではない」と説明。

「早い段階では、その一部である他の人々のように実践することはできないと思う。僕たちはまだ勝っていないけど、勝った場合は、時間の経過とともにますます関与する機会がたくさんある。これは非常にエキサイティングで、特にレースを超えて、彼らがすでに達成しているこ成功を助け、さらに成功することを助けられることを望んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス