「ルイス・ハミルトンがF1引退を決断してもショックではない」とザク・ブラウン
ルイス・ハミルトンがF1を引退するという決断をしても“ショックではない”とマクラーレンF1のCEOを務めるザク・ブラウンは語る。

ルイス・ハミルトンは、2021年のタイトル争いでマックス・フェルスタッペンにファイナルラップで敗れて以来、メディアやSNSで何も語らずに沈黙を続けている。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがF1アブダビGPの結論に“幻滅”しており、F1でレースを続けるかどうかは保証できないと語っている。

このような状況にマクラーレンのザク・ブラウンは「ルイスが引退してもショックを受けることはないだろう」と語った。

「彼が戻ってくるのを当然のことと思ってはいけないと思う」

「彼は続けるだろうといのが私の個人的な意見だが、彼の欲求不満、つまり、彼の怒りを軽視したり、認識したりするべきではないと思う」

「たぶん、彼はまだ決定を下していない。彼はその決定をするのに時間がかかっているのかもしれない。なぜなら、決定していれば、決定しているからだ。それを除外したり、軽視したりするべきではないと思う」

問題は、F1ファンの二極化であり、シーズンフィナーレのファイナルラップを取り巻くイベントに疑問を呈した人たちも、ハミルトンのサガの扱いに不快感を覚えている。

たとえば、元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは「彼(ハミルトン)がFIA年間表彰式を欠席したことは、マックス(フェルスタッペン)に対してまったくフェアではなかった」。

そして、それだけではない。他の多くの人は、F1レースディレクターのマイケル・マシがアブダビのフィナーレをたった1周で再開するという決定の重要性から完全に移行する時が来たと考えている。

「ルイスにとって、それは間違いなく素晴らしい判断ではなかった」と元F1ドライバーのロマン・グロージャンは認めた。

「しかし、テレビファンとして、観客として、スポーツのために、マイケル・マシは正しい決断をしたと思う」

「セーフティカーの下でチャンピオンシップを終えることが良いことだったとは思わない。1位と2位の男が数台のマシンで隔てられていてフィニッシュするのは良いことではなかっただろう」

「結局、フェルスタッペンが失ったポイントの数を見れば、それは必ずしも彼のせいではなかったし、彼はもっとチャンピオンシップに値する人物だったと思う」

メルセデスF1は、ルイス・ハミルトンをめぐる不確実性にもかかわらず、2022年シーズンの計画を進めており、2022年F1マシン『W13』を2月18日にシルバーストンで発表する。

声明の中で、ルイス・ハミルトンについての言及はなく、「当日、主要な担当者とドライバーとのバーチャルメディアの機会がある」とだけ書かれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス