ルイス・ハミルトン 「戦略はベストではなかったがペースも敵わなかった」 / メルセデス F1オランダGP 決勝
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1オランダGPのレースを2位でフィニッシュ。戦略はベストではなかったが、それがなくてもマックス・フェルスタッペンのペースには敵わなかったと認める。

2番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、ポールスタートのマックス・フェルスタッペンに3秒差でついていき、20周目に先にミディアムタイヤに交換。だが、翌周にピットインしたフェルスタッペンは、ハミルトンの2秒前でコースに復帰した。

39周目にハミルトンは再びピットイン。メルセデスは、フェルスタッペンをアンダーカットするために中古のミディアムを履かせた。しかし、ハミルトンはトラフィックに登場し、フェルスタッペンはその後、ピットインして新品のハードに交換して快適にリードを奪った。

その後、ルイス・ハミルトンは、無線で戦略について繰り返し確認。最後はファステストラップの追加ポイントを獲るためにソフトタイヤに交換してフェルスタッペンの21秒後ろでチェッカーを受けた。

レース後、ルイス・ハミルトンはメルセデスがレースプランでミスをした主張した。

「ベストな戦略ではなかったと思うけど、本当にタフだった。結局のところ、彼らは速すぎた」とルイス・ハミルトンは語った。

「後からどうすれば改善できたかを考えてみるけど、後半のストップはあまりにも早すぎたと思う。トラフィックを通過しなければならなかった。彼(フェルスタッペン)に対して1秒は失ったと思うし、僕たちストップする前にそのギャップを埋める時間が必要があった。トラフィックの後ろに出たことで実際にプランを実行することができなかった。彼らがどのようにそれを幹わなかったのか分からない」

「しかし、仕方ないことだし、僕たちはそれを乗り越える。マックス、おめでとう。彼らは全開のレースでアップグレードを折れた。彼らは速いね!」

ルイス・ハミルトンは、タイヤが終わったと無線で伝えていたが、プッシュすることはできたと述べ、純粋にフェルスタッペンに匹敵するペースがなかったことを認めた。

「今週末のタイヤは実際にはかなり良かった。レース全体で全開だった。タイヤのマネジメントはしていないし、できるだけ近づくにいようとしたけど、今日はフェルスタッペンが速かった。今日の彼らは別次元だったし、実際にそれらのラップのほとんどに答えることができなかった」

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフもルイス・ハミルトンの意見に同意。2回目の早期ストップでフェルスタッペンの前に出られることを期待していたが、3台の遅いマシンの後ろに出たことでうまくいかなかったと述べた。

「アンダーカットの匂いがしたが、タイミングが合わなかった」とトト・ヴォルフは認めた。

「彼らがコース上で最速のマシンを持っている場合、どんな戦略を試みようとしても、それは難しい。だが、彼(フェルスタッペン)の功績であり、レッドブルの功績だ。今日の彼らは本当に完璧だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス