ルイス・ハミルトン 「レッドブルF1の上層部は発言に気を付けるべき」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1ハンガリーGPの後にも観客からブーイングを受けた原因はレッドブルF1の上層部の発言にあると語った。

チャンピンシップのリードを奪い返してモナコの自宅に戻ったルイス・ハミルトンは、最近のインシデントに対するレッドブルF1上層部の発言が、ファンのネガティブな反応を引き起こしたと考えていると語った。

ブーイングについて質問されたルイス・ハミルトンは「ライバルチームのマネジメント陣が言ったことあらゆることをついて考えれば、僕にとってそれは驚きではなかった」と語った。

「一部の発言は受け入れられないと思うし、夏休み中にそれについて考える必要がある人もいると思う」

「特に見ている子供たちのことを考えれば、言葉に注意する必要がある。僕たちはロールモデルであり、人々に積極性を広めるように促すべきだ」

「スポーツとして、僕たちには一定の責任があります。これらの関係については今後数日で話し合う必要があるけど、何が起こっても、それが僕を邪魔することはない」

「この感情のハリケーンのなかで落ち着いていたチームを本当に誇りに思っている。シルバーストンの数日後に僕たちはハンガリーに行き、好成績を収めた」とハミルトンは付け加えました。

しかし、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンが自分への苦情について偽善的であると非難する。

「アロンソとのデュエル中のハミルトンの無線を聞いた後でないと頭を振ることはできない」とヘルムート・マルコは f1-insider.com に語った。

「彼はアロンソが速いコーナーでやっていることは危険だと言ったが、F1で最も速いコーナーの1つであるコプスコーナーでの彼の行動をどのように評価しているのか?」

フェルナンド・アロンソでさえ同意しているようで、コース上の他のドライバーについて「ルイスはいつも不平を言っている」と Ziggo Sport 語った。

「FIAから何も聞いていなかったので、問題はなかったと思う」とフェルナンド・アロンソは付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / レッドブル / メルセデス