ルイス・ハミルトン、縁石でボディワークを損傷して0.5秒以上のロス / F1オーストリアGP 決勝
2021年F1オーストリアGPの表彰台にルイス・ハミルトンの姿はなかった。レース序盤にマシンにダメージを負ったハミルトンはトップ3に挑戦することができなかった。メルセデスF1はマシンのダメージは1周あたり0.5秒以上の損失だったと説明する。

前日にメルセデスF1と新たに2年契約を結んだルイス・ハミルトンは、序盤に3番手につけ、20周目にようやくランド・ノリスを抜いて2番手に浮上。前のマックス・フェルスタッペンとの差は約10秒だった。

しかし、レッドブル・リンクのターン10の縁石に激しくヒットした後、、ルイス・ハミルトンのペースは輝きを失い始めた。

メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショヴリンは「ピットに入る直前の29周目の終わりにルイスのボディワークがダメージを負ったようだ」と説明する。

「ダウンフォースのロスは0.6~0.7秒くらいだったが、すべてリアからだったので、バランスが悪くなり、スライドしてリアにダメージを与えていた」

そのダウンフォースの損失によって、53周目にバルテリ・ボッタスとランド・ノリスに成す術なく抜かれたルイス・ハミルトンは、その後、新しいタイヤと翼の調整でマシンのバランスを取り直そうと再びピットインしたが、4位に落ち着くことを余儀なくされた。タイトルレースでのマックス・フェルスタッペンとの差は32ポイントに広がった。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは「結果はおそらく現実のペースよりも悪く見えると思う」と語った。

「我々はマクラーレンの後ろで立ち往生して多くの時間を費やした。そうでなければ、ペースは良かった。おそらくレースに勝つには十分ではなかったが、上位を走っていただろう。それは前進だ。全体として、悪いダメージリミテーションの週末ではなかった」

「チームの士気は良好だ。先週末からレースペースの改善が見られ、進歩を遂げている。最終的には再び勝利を争うことになるだおる。コンストラクターズチャンピオンシップとドライバーズチャンピオンシップにから1回のDNF分しか離れていない。終わったというにはほど遠い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1オーストリアGP