F1 Topic:ルイス・ハミルトンの3輪フィニッシュは規約違反ではない?
F1イギリスGPでルイス・ハミルトンが左フロントタイヤがパンクして3輪状態でわずかなリードでトップでチェッカーを受けたファイナルラップは大きな興奮をもたらした。だが、そこにペナルティ違反はなかったのか?

通常、ドライバーは、他の人を危険に晒す可能性のあるダメージを受けた場合にはピットに戻る必要がある。

しかし、アントニオ・ジョビナッツィは金曜日のフリー走行で破損したマシンをコース脇に駐車せずにピットレーンまで運転した後、公式の警告を受けた。

F1競技規則27.4
「車両はいかなる時にも、不必要に速度を落とし不安定な走行、あるいは他のドライバーまたはそれ以外の人に危険を及ぼす可能性があるとみなされる方法で運転できない」


これは多かれ少なかれ、ルイス・ハミルトンのマシンにも当てはまる。なぜなら、3輪でF1カーを運転することは、4輪すべてが正常である場合よりもはるかに難しいからだ。

しかし、ルイス・ハミルトンは処罰されなかった。決定的な答えはレースマネジメントから与えられていいない。おそらく、それはルイス・ハミルトンがファイナルラップにいたという事実に関係しているだろう。

また、別のニュアンスとして、ルイス・ハミルトンのマシンとアクセサリーはパンクしたタイヤにもかかわらず無傷のままであったことだ。アントニオ・ジョビナッツィはコース上にデブリを巻き散らかしていた。これはハミルトンのマシンでも発生した可能性があるため、ややグレーゾーンのようだ。

事実は、スチュワードはルイス・ハミルトンの行動を調査しなかった。レースマネジメントが行った唯一のことは、該当のドライバー(ボッタス、サインツ、ハミルトン)がゆっくりと運転するようチームに要求を送っただけだった。

F1レースディレクターのマイケル・マシは 、レース後に「チームに直接無線で連絡して、速度を直ちに効果的に下げるように依頼した。 これにより、そのドライバー、周囲のドライバーへの影響を最小限に抑えたいと考えた。それがレースマネジメントからチームへの直接の注文だった」と語った。

だが、ここでレギュレーション違反を持ち出すのは野暮かもしれない。スチュワードがルイス・ハミルトンから勝利を奪っていれば、世界中のメディアから攻撃の的となっていただろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1イギリスGP