【動画】 ルイス・ハミルトンのファイナルラップ / F1イギリスGP 決勝
F1イギリスGPの決勝、ファイナルラップでトップを走行していたメルセデスF1のルイス・ハミルトンはパンクに見舞われるも後続との差が助けとなり、トップでチェッカーを受けることができた。

ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトンは一度もトップを譲ることなく終始ペースをコントロール。2番手を走行するバルテリ・ボッタスにファステストラップのためのフリーストップの機会を与えないためにあえてペースを抑える余裕さえみせた。

しかし、残り3周からドラマが展開することになる。2番手を走行していたバルテリ・ボッタスが左フロントタイヤをパンクさせて後退。この時点で2番手に浮上したマックス・フェルスタッペンとの差は10秒以上あった。だが、フェルスタッペンはファステストラップの1ポイントを獲得するためにタイヤ交換を実施。ファイナルラップの時点でルイス・ハミルトンとの差は30秒以上あった。

そして、迎えたファイナルラップ。ルイス・ハミルトンの左フロントタイヤも悲鳴を上げた。マシンを壊さないように慎重に走行を続けるハミルトン。後ろからはマックス・フェルスタッペンがどんどん差を縮めてくる。しかし、フェルスタッペンのタイヤ交換という運が味方し、最終的には5.856秒差をつけてトップでチェッカー。通算87勝目を挙げた。

「ストレートでタイヤの空気が抜けて、口から心臓が飛び出そうになった・・・とにかく周回できることを祈っていた。最後は本当にひやひやした。ボノ(レースエンジニア)が、マックスについての情報を与えてくれていた。最終ラップでこんな経験はしたことがない」

関連:F1イギリスGP 決勝:ルイス・ハミルトンが手負いのマシンで優勝!レッドブルF1のフェルスタッペン2位表彰台

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / F1動画 / メルセデス / F1イギリスGP