F1
元F1チーム代表のフラビオ・ブリアトーレは、ルイス・ハミルトンにライバルたちが“プレッシャーをかける”ことに成功すれば、タイトル防衛を阻止できる可能性があると語る。

2016年にニコ・ロズベルグに敗れて以来、ルイス・ハミルトンはタイトルを3連覇。合計のタイトル獲得数を6回に伸ばし、2020年はミハエル・シューマッハの7回の最多タイトル記録に挑戦する。

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは「ルイスは非常に優れたドライバーだ」とレッドブルのメディアイベントでコメント。

「彼は史上最高のドライバーのひとつだ。でも、彼は神ではない。神が味方をしているかもしれないけど、彼は神ではない」

フラビオ・ブリアトーレはその意見に同意し、ルイス・ハミルトンには明確なマシンの優位性があると Autosprint に語った。

「ルイスが勝っているのは、彼が最高のドライバーだからではなく、彼が素晴らしいマシンを運転しているからだ」とフラビオ・ブリアトーレは語る。

「少なくとも彼を倒すことはできる。彼は強く、ほとんどミスしないが、誰かが彼にプレッシャーをかけることができれば、話はまったく異ってくるだろう」

一方、フラビオ・ブリアトーレは、2021年にF1にフルタイムで復帰することを目指しているフェルナンド・アロンソのマネジメントを今でも担当している。

「フェルナンドと話をしたが、彼はトップチーム、つまりフェラーリ、メルセデス、レッドブルに加わることができる場合にのみ復帰する。そうでなければ意味をなさない」とフラビオ・ブリアトーレは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス