「ハミルトンはフェラーリF1移籍に傾いているはず」とエディ・ジョーダン
元F1チーム代表であるエディ・ジョーダンは、ルイス・ハミルトンがメルセデスとの現在の契約が失効した後、2020年にフェラーリに移籍することに間違いなく惹かれていると考えている。

「2021年にルイス・ハミルトンがフェラーリに移ることは絶対に確信している」とエディ・ジョーダンは Top Gear にコメント。

「彼はキャリアの終わりに近づいているが、彼はまだ7回以上のタイトルを獲得することを望んでいる」

また、エディ・ジョーダンは、2020末にメルセデスからフェラーリにいせきするのはルイス・ハミルトンだけではないと予想する。

「ルイスは、チャールズ・ルクレールが彼を奪う可能性から彼を守ることができる誰かがいる場合にのみフェラーリに移籍する」とエディ・ジョーダンは続ける。

「ルイスが2021年にフェラーリに移籍すると私が考える本当の真相は、トト・ヴォルフの契約も来年末に期限切れになるということだ。フェラーリはトトも一緒に連れてくるだろう」

「トトはルイスと一緒に行く。なぜなら、さっきも言ったように、ルイスは自分自身を晒したままにしたくないで、イコライザーをもたらすことが彼の道になるからだ」

F1におけるトト・ヴォルフの未来は、それ自体が最近の憶測の中心となっている。ワークスチームとしてのメルセデスのF1での長期的な将来についての疑念は、F1の所有者であるリバティ・メディアの管理職に関連したゴシップの成長を生んでいる。

「トトはF1でのメルセデスの長期的な将来が確実ではないことを知っている」とエディ・ジョーダンは指摘する。

「ルイスはトトの契約に複数回言及しているのは確かであり、これはF1ドライバーにとっては珍しいことだ」

最近トト・ヴォルフは、自分がメルセデスにとどまる可能性が高いとほのめかしているが、エディ・ジョーダンは、多くのミスによってチャンピオンシップを犠牲にしたフェラーリにとって、チャンピオンを獲りたいのであれば、まさにトト・ヴォルフこそが必要な人材だと語る。

「彼らが持っていないのは、レース戦略をどのように構築するかという観点でチームを導くためにピットウォールにいる人間だ。トトはそのことを知っている。彼にはレースの血が流れており、彼の履歴書もフェラーリのような名前を載せたいはずだ」

フェラーリは、ルイス・ハミルトンとトト・ヴォルフを獲得したとしても、2019年にすでにセバスチャン・ベッテルを苦しめたシャルル・ルクレールを手放すことはないだろうと語る。

「フェラーリは2人のナンバー1を必要としるか? ノーだ。だが、彼らはルクレールを手放すようなことはしないだろう」とエディ・ジョーダンは述べました。

「同じマシンでハミルトンを倒す可能性はルクレールの巨大な名誉となるだろう。彼は素晴らしい可能性を秘めている」

しかし、その場合、セバスチャン・ベッテルの将来はどうなるのだろう?

「2020年末にベッテルは引退しるだろう。マックス・フェルスタッペンにこっぴどくやられることになるだろうし、レッドブルに戻ることはできない」とエディ・ジョーダンは述べた。

「だが、もしメルセデスがF1に留まることに決めた場合、ベッテルはそこでうまくやれるかもしれない。ルイスを失ったことに対する慰謝料になるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / フェラーリ / メルセデス