F1王者ルイス・ハミルトン、ビーガン食で5キロの増量
6回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、今年ビーガン食で体重を5キロ増量させたことを明かした。

ルイス・ハミルトンは、菜食主義の強烈な支持者であり、マレーシアの雑誌 The Edge の取材で、ビーガン食が自分をより良いアスリートにするために役に立っていると力説した。

「Instagramで『筋肉もりもりにしようとしているのでプロテインが必要だ』というメッセーをしばしば目にする。僕も身体を大きくしようとしている」とルイス・ハミルトンはコメント。

「今年5キロ増やしたし、完全なビーガンダイエットで68キロから78キロになった」

ルイス・ハミルトンは、気象変動などの社会問題にも関心を寄せており、自分がメルセデスのその分野を改善するための努力に関与していると述べた。

「メルセデス・ベンツは巨大な組織だ。今日もCEOと電話でクルマに供給されるレザーをすべて取り除くために僕たちがどのように取り組むことができるかを話し合った」

「僕は世界を癒し、将来のために前向きな何かをすることに役立つシステムの一部になりたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス