F1 レッドブル 「2012年末にハミルトンを獲得しなかったのは失敗だった」
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2012年末にルイス・ハミルトンを無理やりにでも獲得しなかったのは失敗だったと認める。

ルイス・ハミルトンは、2012年末にマクラーレンからメルセデスの移籍。そこからの躍進は周知のとおり、メルセデスの5度のタイヤのうち4つの獲得している。

ヘルムート・マルコは、レッドブルもルイス・ハミルトンと交渉したが、当時は空席がなく、代わりにメルセデスのニコ・ラウダにルイス・ハミルトンをマクラーレンから引き抜くよう勧めたと明かした。

「ルイスはマクラーレンに不満を持っていた。我々には空席がなかった。その後、私は彼がメルセデスに行った方がいいと考え、ラウダにルイスを強く勧めた」とヘルムート・マルコは Motorsport-Total.com にコメント。

ヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンを当時のレッドブルよりも弱かったメルセデスに移籍させることで、その後、レッドブルに移籍したいという気持ちが高まると考えていた。レッドブルはセバスチャン・ベッテルを擁してタイトルを連破していた。

「当時、マクラーレンは我々の最強の敵だった。振り返ってみれば、マクラーレンに留まっていた方がはるかに良かっただろう。今は戦術がいかに間違っているかを痛感している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / レッドブル