ルイス・ハミルトン F1 リバティメディア
ルイス・ハミルトンは、F1が正しい方向に進んでいると信じてはいるものの、接戦バトルという点でF2に見劣りしているのは由々しき事態だと感じている。

月曜日に2つのBRDCアワードを受賞した4度のF1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは、F1のCEOであるチェイス・ケアリーも出席する場でF1の現状について語った。

ルイス・ハミルトンは、他の大勢と同じようにエンジン音量の大きなマシン、大きなタイヤ、接戦バトルを望んでおり、F1の下位カテゴリーであるF2の方がしばしば見応えのあるレースを展開していることについて疑問を呈した。

「レーシングドライバーとしては、カートのような接近したバトルをしたいと思うものだ」とルイス・ハミルトンはコメント。

「カートレースが常にレースのベストが形だ。お互いにかなり接近して戦うことができるからね」

「今年のクルマはこれまででベストだ。次のステップに目を向ければ、ロス(ブラウン)とチェイス、そして、チームは2021年の次のマシンがさらに素晴らしくなるように本当に懸命に仕事をしていると思う」

「彼らがもっと音量の大きなクルマを作ってくれることを願っている。ジャッキー(スチュワート)は大きなタイヤをもたらし、僕たちがタイヤを小さくしたのはなぜだろう? もう少しダウンフォースを減らせば、もっと近づいてレースができるかもしれない」

「GP2やF2か呼び方はどうでもいいけど、それらのレースの方が音量が大きく、サウンドも良く、近づいてより良いレースができるべきである理由は見当たらない」

「F1はまだ他のクラスよりも速いけど、そこが僕たちがF1で何とかしていかなければならないことだ」

ルイス・ハミルトンは、リバティメディアがショーを改善するために努力をしていることは認識いるが、F1は世界的な認知という点で他のスポーツに追いつくことに取り組んでいかなければならないと語る。

「F1は他のスポーツに比べればちょっと遅れをとっている。本当に特別なスポーツだ」

「NFLやサッカーなど、世界的にもう少し認知度のあるスポーツを見てみよう。僕はF1はそれらと同じくらいの希望のスポーツだと思っている」

「今年、チェイスとリバティメディアのチームがやってきて、新しいことを取り入れつつ、同時にスポーツとファンがどのようなものを求めているかを学んでいるのは素晴らしいことだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン