ルイス・ハミルトン F1 フェラーリ
ルイス・ハミルトンが、2019年にフェラーリに移籍する可能性があると Daily Mail が報じている。

同紙によると、ルイス・ハミルトンは、F1キャリアをフェラーリで終えるという夢に友人に打ち明けたとし、2019年にセバスチャン・ベッテルとシートを交換する可能性があると報じた。

ルイス・ハミルトンとメルセデスの契約は2018年末に期限を迎える。一方のセバスチャン・ベッテルは今シーズン末でフェラーリとの契約が期限を迎える。

フェラーリは総額およそ155億円の3年契約をセバスチャン・ベッテルにオファーしたと報じられているが、噂では、メルセデスのモータースポーツ責任者であるトト・ヴォルフが、セバスチャン・ベッテルにフェラーリとの1年のみの契約を結ぶよう進言したとされている。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは「セブはトトから1年だけ延長すると言うように耳打ちされ、おそらくフェラーリから3年もしくは無しかと言われていると思う」と Daily Mail に述べた。

ルイス・ハミルトンが、ラ・フェラーリを始めとするフェラーリの市販車を所有。購入のためにマラネロを訪問しており、コネクションがないわけではない。

だが、メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは即座にそのような噂を否定している。

「誰がフェラーリとルイスについて話をしているのかわからない」とトト・ヴォルフはコメント。

「チーム内にいないのは確かであり、彼自身でもない。彼が言っていたのは、我々全員と同じようにフェラーリファンであり、全てのドライバーがそこで走ることを夢見ているということだ」

「彼は非常に良い場所にいる。彼は現時点で速いクルマをドライブしている。それはメルセデスだ。彼は素晴らしい走りをしているが、そうするにはそれができるクルマも必要だ」

「我々はあと1年半の契約がある。チーム内には最高のダイナミクスがあるし、外で話される全てのことは私にはまったく関連性のないことだ」

「非常に厳しいチャンピオンシップではあるが、我々は本当に良い関係を築いており、将来について話をしているし、週末に集中している」

「ルイスはメルセデスと非常に強く繋がっており、我々はドライバーとして彼を愛している。彼も我々について同じことを考えていると思う。我々は将来にむけての合意を見つけようとしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / フェラーリ