ハースF1チーム、ミック・シューマッハとの夏休み中の契約交渉を中止
ハースF1チームは、8月の夏休み中のミック・シューマッハとのすべての契約交渉を中止したとドイツのRTLとntvが報じている。

ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュターナーは、ケビン・マグヌッセンとすでに契約を結んでいることもあり、2023年のドライバーラインナップを検討する適切な時期として夏休みをあげていた。

しかし、ドイツの報道によると、ハースF1チームは現在、ミハエル・シューマッハの23歳の息子との「契約交渉を一時停止」しているという。

その理由として、F1の“シリーシーズン”の動きがミック・シューマッハの選択肢を減らしたと推測しており、「したがって、チームボスのギュンター・シュタイナーは、ドライバーとの延長契約の交渉を急いでいない」とRTLは報じた。

「これは、ハースが時間的要因に頼ることができることを意味する。現在、チームはドイツ人がF1での地位を確保する唯一の道であることを十分に理解している」

ミック・シューマッハの状況は、最近、マッティア・ビノットがドイツ人について不満を抱いており、フェラーリのドライバーアカデミーでのポジションについ「もはや確信していない」と報じられ、悪化している。

ミック・シューマッハの最後の選択肢は、フェラーリを離れて、メルセデスやレッドブルなどの別のF1開発プログラムに参加することだ。

「彼は昨年に比べて改善した」とレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコはOsterreichに語った。

「しかし、彼は常にフェラーリプログラムに参加していたので、私は彼をレーダーに乗せたことはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ミック・シューマッハ