ハースF1チーム、アレクサンダー・ロッシに非情な通告「君に興味はない」
元F1ドライバーのアレクサンダー・ロッシは、ハースF1チームがグリッドに加わったとき、自分は彼らの選択肢ではないと非情の通達を受けたと明らかにした。

アメリカ出身のアレクサンダー・ロッシは、2015年にマノー・マルシャで5レースに出場し、F1の経験があった。そして、2016年にアメリカのチームであるハースが参戦の準備をしている際、ロッシは論理的な選択肢だと考えられたが、関心は一方的なものだった。

アレクサンダー・ロッシは、F1でレースをした最後のアメリカ人ドライバーであり続けているが、現在、F1はアメリカでの存在感を拡大しており、アメリカ人ドライバーをシリーズに参加させたいという願望がある。

ハースF1チームとアレクサンダー・ロッシはそうはならなかったが、ロッシはチームが自分のためのシートはないというスタンスを明確にしたと明らかにした。

「何度か会話があった。2015年のモンツァでは、気取った言葉はなく基本的には経営陣から『我々は君に興味はない』と言われた。『現時点では、F1でレースをする資格のあるアメリカ人はいないと思う。君は立ち去って自分の道を進むのがベストだ』とね」とアレクサンダー・ロッシロッシはBeyond the Gridのポッドキャストで語った。

「それが会話だった。ハースの会話は非常に短く、要領を得たものだった」

「僕が探しているバイオリンはなかった。それはスポーツの一部であり、最終的に・・・僕が言わなければならないとすれば、僕に何か問題があったということだ。純粋にコミットメントがあり、言われたことがあった。ハースとは最終的には何らかの理由で起こらなかった」

「それについては魅惑的なことだけど、それは人生が進み方であり、人生が機能する方法だ」

アレクサンダー・ロッシは、F1での短いスティントの後、インディカーに転向し、多くの成功を味わってきた。シリーズでの彼の最初の勝利は、2016年のインディ500だった。

10年以上F1でキャリア積んだ後、2021年にインディカーに転向したロマン・グロージャンのようなドライバーは、インディカーについて、F1より多くのドライバーが成功を求めているレベルの高い競技の場として語っている。

アレクサンダー・ロッシによれば、どちらのシリーズでも多少似ているのは、程度は低いものの、ドライバーが健全な財政的支援をもたらす必要があり、それがハースF1チームが彼らの歴史のなかでアメリカ人ドライバーを起用したことが一度もないことを強調すると考えている。

「でも、僕たちはここアメリカとインディカーでもそれを見ている」とアレクサンダー・ロッシは説明した。

「明らかに規模は小さいけど、予算ははるかに少ないので、すべてが理にかなっている」

「しかし、最終的には、7年間ハースの車に乗っているアメリカ人を見たことがない。僕のことは忘れてほしい、彼らは誰も乗せていないからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / アレキサンダー・ロッシ