ハースF1代表、スピン多発のニキータ・マゼピンを擁護「気張りすぎ」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、スピンを繰り返しているニキータ・マゼピンは“限界を見つける”必要があるが、少し“気張りすぎている”のではないかと指摘する。

ルーキーのニキータ・マゼピンは、開幕戦のプラクティスからスピンを繰り返しており、決勝でも単独スピンを喫して3つのコーナーでリタイア。批判的なファン“Mazespin(マゼスピン)”と揶揄された。

残念ながら、ニキータ・マゼピンはF1エミリア・ロマーニャGPのFP1でもインスタレーションラップでスピンし、終了間際にも再びスピンを喫してウオールにクラッシュしてセッションを終えた。

ギュンター・シュタイナーは、ミスをすることはドライバーの急な学習曲線の一部だと考えており、ニキータ・マゼピンがいつかエラーを乗り越えてくれることを期待していると語る。

「ある段階で、それら(スピン)を減らす必要があるが、彼はそのために非常に懸命に努力している。彼が時々少し気張りすぎていると思う」とギュンター・シュタイナーは語った。

「彼はその限界を見つける必要がある。しかし、それは我々ではなく、彼が見つけることだ。我々は彼がそれを行うのを助けることはできますが、私が前に言ったこれらのことの1つでもある。学習は苦痛だ」

「痛みを伴うが、ある段階でそれは止まり、彼が良い場所にいることを願っている」

ギュンター・シュタイナーは、ハースF1の気難しいVF-21が、チームメイトのミック・シューマッハよりもはるかに悪い状況にニキータ・マゼピンにとって緩和要素であるかもしれないと語った。

「バーレーンでは、彼は風の状態も学ばなければならなかったと思う。バーレーンはとても荒れていた」とギュンター・シュタイナーは説明した。

「我々のマシンは、昨年からすでに風が強いコンディションで非常に悪かったし、それがいくつかのスピンを引き起こしたと理解している。ミックもレースでスピンを喫していた」

「もちろん、我々はマシンをスピンさせることを計画しているわけではないが、反対側ではそれは学習の一部だ。したがって、私はこれに数字を設定した入り、時間をかけたくはない。私の意見ではそれは解決する」

ギュンター・シュタイナーは、ニキータ・マゼピンのF1への昇格が、元F2レーサーにとってあまりにも多くのステップアップであるかどうかを判断するのは時期尚早であると考えている。

「我々はあまりにも早く結論に飛びつくと思う」とギュンター・シュタイナーは付け加えた。

「我々は今シーズン2回目のFP1におり、誰かを判断するのは少し早い。しかし、バーレーンでは彼がいくつかのスピンをしていたのは確かだ」

「F2からF1はまだ難しいステップかもしれないが、バーレーンは非常に困難なコンディションでもあった。それに彼は昨年メルセデスを運転していたよね? 彼は何かを学んだと思う」

「だが、彼はまた、我々のマシンがメルセデスほど良くないことを学ばなければならない。つまり、私はそれについて非常にオープンだ。それを隠そうとはしていない。確かに、メルセデスが我々のマシンほど気質が悪くないのは確かだ」

「しかし、繰り返しになるが、我々はここにいて、シーズン全体で学ぶことができる。一年中スピンしてるわけにはいかないが、我々は学ぶためにここにいる。それが我々が今年やろうとしていることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ニキータ・マゼピン