ハースF1、メルセデスにマシンを酷似させたレーシング・ポイントに反撃
ハースF1チームは、自分たちのF1マシンがフェラーリのコピーだと批判してきたレーシング・ポイントF1チームがメルセデスのF1マシンに酷似している点を挙げ、“口に出す前に考えるべきだ”と反撃した。

以前フォース・インディアとして活動していたレーシング・ポイントF1チームは、2018年のF1オースラリアGPでのハースF1チームのパフォーマンスを受け、ハースF1チームとフェラーリとの技術的な関係とF1マシンの共通の特徴に疑問を呈していた。

だが、今年、レーシング・ポイントF1チームの2020年F1マシン『RP20』はメルセデスの昨年マシンを意図的に追及したマシンとして登場。ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、このことがハースF1チームとフェラーリとの関係を立証したと語る。

「口に出す前に考えなければならないことがある。いつかは自分の身に帰ってきて、反対することができないからね」とギュンター・シュタイナーはコメント。

「ご存知のように、彼らは数年前に非常に酷く苦情を言っていたので、今では完全に循環している。それは彼ら次第だ。私はあまり気にしてはいないがね」

ギュンター・シュタイナーは、レーシング・ポイントF1チームが新車でメルセデスのルートを下るという決定に問題はないと強調する。

「こう言ってみよう。彼らはマシンにたくさんのメルセデスの部品を使用しているのに、なぜ彼らはレッドブルをコピーして行くのか? 私たちも同じだ。フェラーリから多くの部品を購入している」

「では、どのマシンをコピーするか? フェラーリだと思う」

「トロロッソやレッドブルをコピーするなら、そこにないものを発明しようとすることになるので、我々はかなり愚かということになるだろう」

「だから、彼らは我々がやっていることをやっているだけだと思う​​。それを最大限に活用してそのモデルを使用しようとしているだけだ」

アルファタウリ・ホンダのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、サスペンションとギアボックスのデザインを共有しているという事実に基づいて、レーシング・ポイントF1チームとメルセデスの車が似ていることに驚かないと語った。

「我々が知っているように、レーシング・ポイントとメルセデスの間には協力関係がある」とフランツ・トストは説明する。

「彼らはリアエンドを持っている、彼らはメルセデスのリアサスペンションを持っている」

「フロントサスペンションと空力の観点から、彼らがどれだけ持っているかわかりらない。これは通常リストされている」

「しかし、私は承諾する・・・もしくはこのように言ってみよう。レーシング・ポイントは同じ方向性で開発し、同様の解決策を見つけた」

「しかし、すべては規制の範囲内だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / レーシングポイント