ハースF1 「アルド・コスタのダラーラ加入の恩恵を受けることはない」
ハースのF1チーム代表ギュンター・シュタイナーは、アルド・コスタのダラーラへの加入によってチームが恩恵を受けることはないと当たる。

メルセデスF1チームは、テクニカルアドバイザーを務めてきたアルド・コスタが9月末でチームを離れ、2020年からイタリアのシャシーコンストラクターであるダラーラに最高技術責任者として加入することを発表した。

アルド・コスタは、ダラーラで全体的な技術面を担当していくことになる。

ハースF1チームは、ダラーラがシャシーの製造を行っており、風洞とシミュレーターもダラーラのものを使用している。

しかし、ギュンター・シュタイナーは、アルド・コスタのインプットがハースF1チームに直接的な恩恵を与えるという見方を否定した。

「彼が我々を手伝えるのであれば、ダラーラも私にそう言ってきたはずだと思う」とギュンター・シュタイナーはコメント。

「彼がもし他チームのために仕事をするということであれば、メルセデスも彼を手放さなかっただろう。彼がF1マシンを開発するとは想像できない」

「アルドはとても正しい人物だ。彼はそんなことはしないし、我々も彼にそうしろと求めたりはしない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース