F1 ハースF1チーム
ハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、彼のチームはF1のルールに則って合法性のもとで活動していると改めて主張。違反していると思うライバルは好きに監査すればいいと挑発した。

2016年にF1に参入したハースは、フェラーリとの密接な技術パートナーシップに基づいてマシンを設計してきた。ハースのF1マシンは、チーム内で製造する必要のある“掲載部品”として競技規約で定められているモノコック、ウイングなど以外のあらゆるパーツをフェラーリから供給されている。

そのため、ハースの2018年F1マシン『VF-18』はフェラーリのクローンと見なされ、マクラーレンを始めとするチームは不快感を露わにし、批判を繰り返している。

しかし、メルセデスのF1チーム代表トト・ヴォルフは、ハースのモデルは“非常に知的”だと発言しており、FIAも完全に合法だと判断している。

「我々は何も違法なことをしていないことを証明してきた。我々は人々を招待し、それに加えてFIAの全てのテストを行っている。誰かが我々を監査したいのであれば、我々は今でもオープンだ」とギュンター・シュタイナーはコメント。

「やってみればいい。我々はそれに対してオープンだ」

「人々が我々を怖がらせようとしても、それは起こらなかった。恐れる必要のない人々は怖がらせるこはできない。だから、我々は『はい、あなたたちは我々のゲストだ』と言ってやった」

ライバルたちが2019年もハースへの論争を控えるかどうかはまだわからないが、ギュンター・シュタナーは、それは無駄なことであり、現在のモデルとフェラーリとのパートナーシップを継続していくと語る。

「フェラーリとの関係はまったく同じになるだろう」とギュンター・シュタイナーは語る。

「我々はとても良い関係を築いてきたし、非常にスムーズに仕事をしている。我々はそのルールの全てを確立させてきたからね。流暢かつ順調に機能しているし、その関係に変化はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース