F1 ロマン・グロージャン ハースF1チーム
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、2019年も3強チームを倒すことは難しいと考えており、少なくとも2021年までは挑戦することはできないだろうと語る。

昨年、ダークホースとしてコンストラクターズ選手権4位を争ったハースF1チームは、今年もフェラーリとの密接な関係を維持しており、メルセデス、フェラーリ、レッドブルに次ぐ“ベスト・オブ・ザ・レスト”を争うことが期待されている。

しかし、ロマン・グロージャンは、今年たとえ空力ルールが変更になったとしても、実際には3強t-ムを倒すことはできないと考えている。

「F1は他のチームがレースに勝つチャンスを高める必要がある。でも、2021年までそれは実現しないと思う」とロマン・グロージャンは Corriere dello Sport にコメント。

「理想的には勝利を争えるチームがもっと多くなれば素晴らしいだろう。ある意味、いつも同じドライバーしか勝てないからね」

「でも、現時点ではそれは同じままだと思う。今年、僕たちがレッドブル、フェラーリ、メルセデスを倒すようなことはないと思う」

しかし、ロマン・グロージャンは、3強チームの後ろのミッドフィールドの戦いは変わらず接戦のままだと考えている。

「ルノーは強いだろうし、マクラーレンだって決してわからない。ビッグチームは常に戻ってくる可能性がある」とロマン・グロージャンはコメント。

「レーシングポイントはチームに多額の資金を投入しているし、トロロッソは技術パートナーシップでレッドブルにより近くなっている。多くの人々がベスト・オブ・ザ・レストを望んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロマン・グロージャン | ハース