ファビオ・ライマー
ファビオ・ライマーが、2013年のGP2のチャンピオンを獲得した。

ファビオ・ライマーは、最終戦アブダビのフィーチャーレースを4位で終え、GP2のチャンピオンを決めた。

「まだ信じられないし、本当に嬉しい。GP2は、F1以外で最も強いカテゴリーだし、このチャンピオンシップで勝ったと言えるドライバーは多くないからね」とファビオ・ライマーはコメント。

「本当にハッピーだ。まだもう1レースあるので明日に集中しているし、表彰台でフィニッシュしたい」

2011年にザウバーから若手ドライバーテストに参加しているファビオ・ライマーは、F1にステップアップできることを願っていると述べた。

「様子をみてみるけど、F1に行けることを願っている。あまりシートは空いていないし、難しいのは確かだけど、F1に行けることを願っている。僕にとっては自分を助けるためにもこのチャンピオンシップに勝つことが重要だった」とフェビオ・ライマーはコメント。

「今、僕たちはそこに行くために頑張らなければならない。もちろん、レースドライバー、もしくはサードドライバーであってもなれたら素晴らしいだろうけど、懸命に働かなければならないし、様子をみてみるつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: GP2