ジョージ・ラッセル 「現在のクルマのパフォーマンスを見れば妥当な結果」 / メルセデス F1アブダビGP 予選
ジョージ・ラッセル(メルセデス)は、2022年F1アブダビGPの予選を6番手で終えた。

前戦で待望のF1初勝利を挙げたジョージ・ラッセルだが、予選では苦戦を強いられた。日中の高い温度ではそれなりのパフォーマンスを発揮できていたメルセデスだが、温度が下がる夕方以降のセッションではパフォーマンスも低下した。

「予選でもっと良いラップタイムを期待していた」とジョージ・ラッセルはコメント。

「でも、これまで見てきたロングランのペースは競争力がありそうなので、明日のレースではより良いポジションにつけられるはずだ」

「アブダビのようなサーキットでの現在のクルマのパフォーマンスを見れば、グリッドポジションは妥当に見えるけど、ブラジルでの結果を踏まえると、おそらくもう少し上を望んでいた。だから、もう少しフロントに近づきたかったけど、レースではもっと良い場所にいるはずだ」

「さまざまな戦略オプションがたくさんあるので、明日は興味深いものになるだろう。レッドブルは手の届かないところにいると思うけど、フェラーリをチェイスできることを期待している。明日が何をもたらすか見てみよう。フィニッシュラインまで全力で戦う」

ジョージ・ラッセル メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 アブダビグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス