メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「泣いたり不機嫌になっても車は速くならない」
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、W13のパフォーマンスについて「泣いたり不機嫌になっても」車が速くなるわけではないと語る。

新しいF1レギュレーションが導入された2022年シーズンに先立ち、F11のマネージング ディレクターであるロス・ブラウンは、昨年、1つのチームが間違いを犯す可能性があると警告した。

だが、誰もそのチームがメルセデスになるとは思っていなかった。

メルセデスF1チームが、W13を完全に間違ったわけではないが、シーズン序盤に最もポーパシング/バウンシングの影響を受けたのは確かであり、チームは影響を最小限に抑えるためにダウンフォースを犠牲にすることを余儀なくされた。


チームは、過去数レースで問題を解決したと考えており、メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターのアンドリュー・ショブリンは、それは「もはや」問題ではないと述べている。

メルセデスF1チームが直面する次の課題は、ポーパシングを再現させずに失われたダウンフォースを回復する方法を見つけることだ。

ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1チームはそれを正しく行えると考えている。

「全体的なパフォーマンスについて泣いたり不機嫌になったりすることはできない」とジョージ・ラッセルはBBCに語った。

「それは生産的ではないし、車が速くはなるわけではない」

「だから、コースに出て、あらゆるトリッキーな状況を最大限に活用し、建設的になり、チームを適切なエリアにプッシュする必要がある」

「僕たちが現在行っているような旅は刺激的だ。この新しい車に多くの課題があることを認識するやいなや、僕たちは本当に『どうすればこの車をより速く走らせることができるか?』という仕事に取り掛かった」

「僕たちは、たとえば、より運転しやすいものにしようとしているわけではない。できるだけ速く走らせたいだけだ。そして、それを達成するために何をする必要があるのか?」

「僕たちはチームとして、一生懸命働いてきた。僕たちは非常に多くの異なることを試した。一度であまりに多くのことを試しすぎたかもしれない。短い期間で行ったすべてのことを完全に分析することは困難だった」

メルセデスF1チームに対する24歳のジョージ・ラッセルの自信はそこにあり、最近の一連の表彰台は、初勝利が「間違いなく現実的な野心」であることを示していると信じている。

「僕は本当にそれを信じている」とジョージ・ラッセルは語る。

「唯一わからないのは、ライバルが自分の車に何をもたらすかということだ。相対利得だ。そして、僕たちが1秒のラップタイムを見つけたとしても、彼らが0.8秒を見つければ、彼らはまだ僕たちの前にいる」

「でも、その差を縮められない理由はない。今年、完全に最速の車が登場するかどうかは分からない。でも、勝利のために戦える時は必ずある」

「物事が少し違った形で展開されていれば、勝利を争うことができた可能性がある機会がおそらく2回あった。シルバーストーンとバルセロナだ。そして、僕たちは車をより速くしかしていない」

「僕たちは最大のポテンシャルからは程遠いし、それが僕たちを少し楽観的にさせている」

メルセデスはコンストラクターズ チャンピオンシップで304ポイントを獲得して3位につけており、2位のフェラーリからわずか30ポイント差につけている。

ジョージ・ラッセル F1 メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス