ジョージ・ラッセル 「2022年にメルセデスF1が最速の車を手に入れることはない」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1チームは2022年シーズンが終わるまでに勝利を収めることができると信じているが、最速の車を手に入れることは決してないだろうと主張する。

メルセデスF1は、新世代F1マシンの慢性的なポーパシングとバウンシングの問題によってパフォーマンスを損なわれてきたが、最近の好調ぶりは、2022年シーズンの前半以降のチームの紛れもない進歩を反映している。

F1ハンガリーGPでは、ジョージ・ラッセルがF1キャリアで初ポールポジションを獲得し、メルセデスF1は決勝で2戦連続となるダブル表彰台を獲得。ルイス・ハミルトン2位、ラッセルが3位でフィニッシュした。

しかし、最近の進歩にもかかわらず、メルセデスF1は依然としてレッドブルとフェラーリのライバルに追い抜かれている。

「僕たちは間違いなくそのギャップを縮めている。そこに疑いの余地はないけど、僕たちの前にいる4台のマシンは確実にペースアドバンテージを持っている」とジョージ・ラッセルは語った。

「でも、チームとして、僕たちはゆっくりとギャップを縮めていると思う。夏休みの後、僕たちはマシンにいくつかの追加要素を追加するだろうけど、誰もがそうするだろうから、簡単にはいかないだろう」

「今シーズンのどこかの時点で、おそらく勝利を目指して戦うことができるとまだ信じている。でも、完全に最速のマシンを手に入れることはおそらくないと思う」

メルセデスF1の今シーズンの進歩は、部分的に試行錯誤の結果、またはセッション中に実施されたライブ実験の結果であり、エンジニアがグラウンドエフェクトカーのW13の複雑さをよりよく理解するのに役立った。

そして、すべての「実験」はチームに啓発の一部をもたらした。それは困難な金曜日に耐えて、土曜日に好転させたハンガロリンクででもそうだった。

メルセデスF1のトラックサイド エンジニアリング ディレクターであるアンドリュー・ショブリンは「少し不快で、車はかなり悪い場所にあったが、一方に進み、反対側に進める必要があることに気づいたことは、有用な体験だった」と説明した。

「我々は、『ライブ実験を行わなければならない。将来のために学ばなければならない』と言って、これらすべてのレースを行っている」

「理論上は素晴らしいことのように聞こえるが、実際には非常に難しく、非常に不快なものになる可能性がある。しかし、それは素晴らしい方向転換だった」

「両方のドライバーが素晴らしい仕事をしたし、チームも素晴らしい仕事をしてくれた。夏休みに向けて素晴らしい方法だ」

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス