メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「ウィリアムズとの契約に逃げ道はなかった」
ジョージ・ラッセルは、2022年に最終的にメルセデスF1チームに移籍するまでにウィリアムズF1で走ることに時間を費やしすぎたと考えている。

ジョージ・ラッセルは2019年開幕戦F1オーストラリアGPでウィリアムズF1でデビューを果たし、3年間滞在し、チームで合計59回のレーススタート切った。さらに2020年には体調不良のルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスF1から1戦に出場している。

ジョージ・ラッセルは、可能であればウィリアムズF1をもっと早く去っていただろうと認めるが、契約は彼を全期間拘束していたと語る。

ジョージ・ラッセルは2018年のF2でチャンピオンシップを獲得した後、ウィリアムズF1と契約したが、当時のチームは経済的な困難が増しており、コース上のパフォーマンスに影響を与えていた。

その結果、ジョージ・ラッセルはF1初ポイント獲得まで無駄に苦労することになった。2020年のメルセデスF1での1戦限りの代役参戦で9位でフィニッシュしたが、ウィリアムズF1との最初のポイントは2021F1年ハンガリーGPまでやってこなかった。

次のレースは豪雨によりセーフティカー後の1周で終了したF1ベルギーGPであり、F1史上最も奇妙なグランプリの1つで2位を獲得した。

ジョージ・ラッセルは Beyond The Gridポッドキャストで、彼が最初にウィリアムズF1チームに加わったときは非常に異なる期待を持っていたと語った。

「2018年にウィリアムズと契約したとき、表彰台を獲得し、コンストラクターズチャンピオンシップで3位、3位、5位で終えるのに3年を費やしたチームであることことを念頭に置いていた」

「その後、彼らは最下位に終わった2018年に非常に悪い年を過ごした。でも、当時、これから立ち直ることができるチームであり、彼らは競争力のある5位から3位の領域に戻るだろうと僕たちは考えていた」

「それで、僕たちは皆、3年がポイントのために、おそらく表彰台のために戦う良い期間であることに同意した」

「後から考えると、グリッドの後ろで自分で運転する3年は長すぎた。でも、残念ながら、クレアは契約交渉で非常に良い仕事をし、逃げ道はなかった」

その後、副チーム代表であるクレア・ウィリアムズは、メルセデスF1の育成ドライバーであるジョージ・ラッセルをリリースするアプローチを拒否した。ラッセルが2021年の終わりにメルセデスF1に自由に参加できるようになったのは、ウィリアムズが売却されてからだった。

バルテリ・ボッタスの代わってルイス・ハミルトンのチームメイトとしてジョージ・ラッセルがメルセデスF1到着したのは、新しいレギュレーションの結果として「ポーパシング」の問題に苦しむという不振と同時に起こった。

しかし、ルイス・ハミルトンはその変化に苦しんでいますが、ジョージ・ラッセルは一貫性を示し、今年フィニッシュしたすべてのレースでトップ5に入っていた。例外は、スタートでノックアウトされたシルバーストンでのDNFだ。

ジョージ・ラッセルは、結局のところ、移籍のタイミングはそれほど悪くはなかったと考えている。

「後知恵の恩恵を受けてこれを見ると、昨年または2020年にさえメルセデスに参加することは信じられないほど大変だったと思う」とジョージ・ラッセルは語った。

「あの車は長年にわたって彼のドライビングスタイルに合うように進化していて、車自体が彼の赤ちゃんのようなものだったときにルイスに立ち向かうことはね」とジョージ・ラッセルは語った。

「今では、誰にとっても新鮮な一枚の紙になった。誰もがゼロから始めている。おそらく適切な時期だった」

ジョージ・ラッセル メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / メルセデス