メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「FP1のルーキードライバー規則は正しくない」
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、シーズン中の2回のプラクティスセッションでルーキードライバーを走らせるルールは、ドライバーやチームにとってほとんどメリットのないことだと語る。

それは決して週末の作業が妨げられるのではなく、グランプリ週末の60分間のプラクティスでのパフォーマンスに基づいて、ドライバーが才能を判断される立場に置かれるんは少し不公平だと感じているからだ。

F1スペインGPでは、レッドブル・レーシングはセルジオ・ペレスに代えてユーリ・ヴィップス、ウィリアムズF1はニコラス・ラティフィに代えてニック・デ・フリースを車に乗せた。

これはFIA(国際自動車連盟)が、ルーキードライバー(グランプリ経験が2戦以下のドライバーとして定義)が参加できるように、F1チームが2つのFP1セッションを確保する必要があるという2022年の新しいルールのために発生した。2回のセッションで同じドライバーを起用する必要はなく、今シーズン後半にこれらのチームに再び登場するのは、必ずしもユーリ・ヴィップスまたはデック・デ・フリースである必要はない。

この動きは、年間の現行マシンテストが事実上ない時代にジュニアドライバーにある程度のシートタイムを与えることが目的だが、ジョージ・ラッセルはそれが若手に不利な圧力をかけると信じている。彼自身が2017年にフォース・インディアでそのようなプラクティスを2回経験している。

「少し直感に反するけど、個人的には、FP1にドライバーを迎え入れて、60分で世界の前で何ができるかを紹介するのは正しくないと思う。彼らはほとんど運転していない車で10周し、それで判断される」とジョージ・ラッセルはスペインのメディアに語った。

「そして、これはFP1セッションの数に関する僕自身の経験から語っている。プレッシャーが計り知れないことを僕は知っている。今、僕たちは、そこに出て彼らを証明しようとしている人たちにさらにプレッシャーをかけている。彼らは常に彼らがどのように乗るかを判断されてしまう」

「しかし、それが現在のゲームのやり方だ」

ニック・デ・フリースは、メルセデスF1チームのリザーブドライバーとしてファクトリーでの役割を果たしており、ジョージ・ラッセルはデ・フリースが改善の方法を見つけるために常に細心の注意を払っていると語った。

「ニックは、レースで僕にとって非常に役に立った」とジョージ・ラッセルは語った。

「彼は常にオンボードビデオを見て、データを見て、何かに気づいたら、あれこれと見るように言ってくる。だから、分別のあって、自分が何を話しているのかを分かっているニックのような人がいることは、チームとして僕たちにとって有益だった」

ルイス・ハミルトンは、ジュニアドライバーにプレッシャーをかけているとのジョージ・ラッセルの意見に同意し、彼らはそれだけで評価されるべきではないと述べた。

「彼らはさらに順位を下げることもある。ただ軽い燃料で送り出されて、多くのラップはできない。20周くらいだ。それは大きなプレッシャーだ」とルイス・ハミルトンはコメント。

「楽しい機会かもしれないけど、彼らがそれだで判断されるべきではないと思う。でも、ニックがそれだけで判断されるとは思わない。良い感触を得ることが彼にとってはより重要だ。彼がフィーリングを得て・・・そしてシミュレーションツールに大きな影響を与えることができることを期待している。彼は僕たちのチームの不可欠な部分であり、バックグラウンドで僕たち全員と緊密に協力している」

レッドブル・レーシングから参加したユーリ・ヴィップスは最下位の20番手でセッションを終えたが、ニック・デ・フリースはレギュラーレースドライバーであるニコラス・ラティフィよりコンマ1秒速い18番手だった。

ウィリアムズF1のシニアレースエンジニアであるデイブ・ロブソンは、ニック・デ・フリースの仕事を称賛した

「彼は非常にうまく取り組んでいくれた。 彼のプログラムは、アレックス(アルボン)が車の中にいたら行っていたであろうエンジニアリングプログラムだった。彼はそれを本当にうまく実行した。」とデイブ・ロブソンは語った。

「テストの設定として、彼の車はニコラス・ラティフィの車に搭載されていた新しいコンポーネントのベースラインだった。 彼は我々が彼に必要としていたことを正確に行ってくれた」

彼の良いショーにもかかわらず、デイブ・ロブソンは、ニック・デ・フリースが今年後半の2回目のプラクティスセッションの意図されたジュニアであることを否定した。

「いいえ、現時点ではそういった意図はない」とデイブ・ロブソンは語った。

「あれがFP1での彼のチャンスだった。2つのP1セッションのうちの1つは、若いドライバーへの規制によってあきらめなければならない。 それが彼の走行だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス