ジョージ・ラッセル 「国籍がF1ドライバーになる要因であってはならない」
メルセデスF1のジョージラッセルは、ドライバーが国籍を理由にF1でチャンスを得ることを望んでいない。

F1ドライバーが母国で大きなサポートを生み出し、F1に直接利益をもたらすことができるのは長い間事実である。マックス・フェルスタッペンはその代表的な例であり、“アーミー”と称されるオランダの彼のファンがF1カレンダーでオランダグランプリの復帰を確保する上で重要な要素となった。

一方、周冠宇は2022年にF1グリッドで最初の中国人ドライバーとしてデビューし、アルファロメオF1チームとの契約により、中国で有利なスポンサーシップの機会が開かれるとチームは述べた。

そして、F1が米国での拡大を推し進める中、次の議題は、F1で競争力を持ち、米国でのF1への関心の高まりを次のレベルに引き上げることができるアメリカ人のドライバーとなっている。

しかし、ジョージ・ラッセルは、F1に到達したドライバーが、国籍だけを理由にそれを実現したわけではないことを確認することに熱心だ。

初開催のマイアミグランプリに先立ち、アメリカ人ドライバーについてジョージ・ラッセルは「アメリカ人ドライバーと経験はあまりない。あまり覚えていない。カート時代に1~2人いたかもしれない」と記者団にコメント。

「F1はスポーツの頂点だと思っている。そして、国籍だけでグリッドにドライバーを置くべきではない。僕たちは、ここにいる権利を自分たちで獲得し、ここにいるときに自身で証明する最高のドライバーを揃えるべきだ。僕たちが完璧な世界に住んでいるわけではないと思うけど、これは頂点であり、そのようなままであり続ける必要がある」

「僕たちには最高のエンジニアがいて、ここにはすべてが最高だ。最高の場所に行き、ドライバーにもフィルターをかける必要がある。そして、最高のものを手に入れると、ショーはさらに良くなることがよくある。それが僕が立っているところだと思う」

フェラーリのカルロス・サインツは、F1に参戦するレベルのドライバーなら誰でも歓迎されるだろうと語ったが、国籍は決定的な要因にはなり得ないというジョージ・ラッセルの意見に同意した。

「ジョージの言うことはそれを非常によく説明していると思う」とカルロス・サインツは言った。

「F1は…トップレベルのドライバーなら誰でも歓迎する。それがアメリカ人なら、そうだ。国籍を調べる必要はないと思う。才能を調べる必要がある」

「F1に出場する才能のある人が1人いるとしたら、彼はここに来て、彼のレースを歓迎し、激しくレースして楽しんでくれるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス