ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1移籍は最初のステップにすぎない」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1への移籍はF1キャリアの次の段階における「最初のステップ」にすぎないと語る。

メルセデスF1育成ドライバーとして、ウィリアムズF1で3シーズン目を迎えているジョージ・ラッセルは、バルテリ・ボッタスに代わって2022年にルイス・ハミルトンのチームメイトとして満を持してワークスチームへと移籍を果たす。

「2014年に履歴書をトト・ヴォルフにメールで送って、会議を依頼したことを覚えている」とジョージ・ラッセルは Sport Bild に語った。

「起こりうる最悪の事態は、彼が返事をくれないことだった。でも、返事は15分後に来た - 『アポイントを取ろう』とね」

7年後、ジョージ・ラッセルは、メルセデスのワークドライバーとして次のステップを進めようとしている。

「メルセデスとの契約に署名することは、僕の人生で最高の瞬間の1つだった。でも、それは最初のステップにすぎない」とジョージ・ラッセルは主張する。

「これから多くのハードワークが待ち受けている。ルイス・ハミルトンと一緒にメルセデスのために運転することを楽な道だと期待するのはかなり愚かなことだ」

「契約に満足している。でも、すべてが始まったばかりだということを理解している。今まで直面した中で最もシリアスなチャレンジに直面している。でも、自分が何をしなければならないかはわかっている」

「F1でのパフォーマンスをすることが僕の最終目標ではない。世界チャンピオンになることことが僕の最終目標だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / メルセデス