ジョージ・ラッセル、メルセデスF1移籍が決定「チャンスを両手で掴みたい」
ジョージ・ラッセルが、2022年にメルセデスF1に移籍することが決定。「チャンスを両手で掴みたい」と語った。

ウィリアムズで3シーズンを過ごした後、ジョージ・ラッセルは、今シーズンの終わりにグローブを拠点とするチームを離れ、チャンピオンチームであるメルセデスAMGペトロナスF1チームに加わり、7回のワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンとチームを組む。

ジョージ・ラッセルは、2019年からウィリアムズで3年間を過ごしてきた。それには、2021年のF1ハンガリーGPでの3年ぶりにダブル優勝、そして、2017年以来となる2021年F1ベルギーGPで表彰台が含まれる。

「個人的にも職業的にも特別な日だし、感情が混ざり合った日でもある」とジョージ・ラッセルはコメント。

「来年メルセデスに加わることに興奮し、恐縮している。これは大きなキャリアステップだけど、ウィリアムズのチームメイトや友人に別れを告げるということでもある」

「チームのすべてのメンバーと一緒に仕事をすることは名誉であり、F1でウィリアムズの名前を代表することを光栄に思ってきた。2019年に参加して以来、お互いを前進させ、チームを所属するグリッドに戻すためにたゆまぬ努力を重ねてきた。

「僕たちはすべての予選ポジション、すべてのポイント、そして、すべての0.1秒のために戦ってきた。どんなに大変だったとしても、誰も諦めたことはなく、それが毎日僕にインスピレーションを与えてくれた」

「真の心であり、魂のレーシングチームとのすべての瞬間を愛してきた。可能な限り最善の方法でストーリーを終わらせるために、これまで以上に力を注いでいく」

「来シーズンを見据えて、興奮していないと言ったら嘘になる。大きなチャンスであり、両手で掴みたいと思っているチャンスだ。でも、僕は挑戦の規模に関して幻想を抱いていない。急な学習曲線になるだろう」

「バルテリは高い基準を設定し、週ごとに一貫して結果を出し、勝利、ポールポジションを獲得し、複数のチャンピオンシップタイトルの獲得を助けてきた」

「僕の目標は、トト、チーム、および取締役会が僕に与えた信頼に報い、僕がその成功を継続する上で自分の役割を果たすことを保証することだ。新しいチームメイトを誇ってもらえるように頑張りたい」

「もちろん、新しいチームメイトは、僕の意見では史上最高のドライバーだ。カート時代からルイスのことを尊敬してきた。オントラックとオフトラックの両方でロールモデルになった人から学ぶ機会は、ドライバー、プロ、そして、人間としての僕に利益をもたらすだけだ」

「でも、今のところは、ウィリアムズのドライバーとしてさらに9つのレースがある。そして、それらがチームでの僕の時間の中で最高の9つにしたいと思っている。2022年に注意を向けることができるのはその後だけだ」

「ウィリアムズ、メルセデス、そして、今日までの僕をサポートしてくれたすべての人に心から感謝している。 皆さん一人一人がいなければ、僕はそれを成し遂げることができなかっただろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / メルセデス