F1 ジョージ・ラッセル メルセデス
ジョージ・ラッセルは、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフが同意さえすれば、自分は2020年にメルセデスで走る準備はできていると語る。

メルセデスは、ルイス・ハミルトンと2020年まで契約を結んでおり、バルテリ・ボッタスは契約延長のオプションを有している。しかし、ボッタスは今年もハミルトンへの挑戦に苦しんでおり、チームでの将来が再び注目を浴びている。

トト・ヴォルフは、バルテリ・ボッタスがメルセデスのシートを確保するためには何をしなければならないかわかっていると語っている。

「バルテリは自分がやらなければならないことを知っている。彼はチャンピオンシップを勝ち取ることができるチームにいる。そして、それも彼も望んでいることだ」

しかし、バルテリ・ボッタスがそれに失敗した場合、ジョージ・ラッセルは自分がメルセデスに昇格する準備はできていると当たる。

「明日トトが僕に電話をかけてきて、メルセデスで走る準備はできているかと尋ねたならば、完全にできていると答えるだろう」とジョージ・ラッセルは PA に語った。

「バルテリが悪いレースをすることに頼るつもりはない。自分でそのレベルまで逝って、それを実現させるつもりだ」

「それでも十分でない場合は、手を挙げて、自分は仕事をしなかったと言うだろう」

「僕は絶好調だ。今はウィリアムズに100パーセントを捧げてくるけど、メルセデスが僕に電話をかけてくれば、準備はできている」

現在ウィリアムズのレースをしているジョージ・ラッセルは、昇格するべき次のラインとしてエステバン・オコンを上回ったと考えられている。

「チャンスについて考えるのは好きではない」とジョージ・ラッセルは付け加えた。

「メルセデスは僕に目標を与えた。毎回、僕はそれらに応え、彼らは僕に報いてきた。自分が正しいレベルを達成すれば、その機会を得られない理由はないと信じている」

「マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールがレッドブルとフェラーリでやったいることを見るだけでいいと思う」

「経験について議論することもできるけど、時としてそれが必要とするすべてではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / メルセデス