F1 ジョージ・ラッセル
ジョージ・ラッセルは、メルセデスはレッドブルよりも若手ドライバーに対して忍耐力があると考えていると語る。

メルセデスの育成ドライバーとしてウィリアムズでF1を戦うジョージ・ラッセルは、レッドブルは若手ドライバーに多くのプレッシャーをかけており、それがF1中国GPのフリー走行でのアレクサンダー・アルボンの事故に繋がったと考えている。

「現時点でアレックスは本当に素晴らしい仕事をしていると思う」とジョージ・ラッセルは RaceFans にコメント。

「誰もがレッドブルのジュニアドライバーにかけられているプレッシャーを認識しているし、彼らはクルマに乗るたびに120%の実力を出さなければならない」

ジョージ・ラッセルは、レッドブルの育成方針は“通常よりも少し無情”だと語る。

「僕がプレッシャーを感じていないというわけではない」とジョージ・ラッセルは語る。

「最終的に僕がパフォーマンスを発揮できなければ、メルセデスは僕をキープすることはないだろう」
「でも、自分がやっていること以上に誰かに感銘を与えなければならないという追加のプレッシャーを加える必要はないと思う。僕のゴールはそれを最大限に活用することだ。それができれば、彼らは満足してくれるはずだ」

アレクサンダー・アルボンは、そのプレッシャーを力に代えて、2戦連続でポイントを獲得している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジョージ・ラッセル | レッドブル | メルセデス