ジョージ・ラッセル ウィリアムズF1
ウィリアムズのF1ドライバーであるジョージ・ラッセルは、F1の競技規約にコックピットの最小寸法が導入されることを望んでいると語る。

ジョージ・ラッセルには、身長が185cmあり、今シーズンのグリッドで最も背が高いドライバーの一人だという不利な点がある。

F1マシンのデザイバーたちは小さなセーフティセルから追加のスペースを取り戻そうとしているため、ジョージ・ラッセルは現状は小さなドライバーに有利だと考えていると語る。

「小さいドライバーであるほど利点がある」とジョージ・ラッセルは説明する。

「デザイナーはすべてをもっと詰め込むことができるので、望んでいることをする余地がもっとたくさんある。ラジエータをより近くに持ってくることができる。これは終わりのない話だ」

ジョージ・ラッセルは、標準的なコックピットサイズを導入すればこの問題あなくなるだろうと語る。

「フォーミュラ2とフォーミュラ3には192cmのドライバーにもフィットする標準サイズがある」とジョージ・ラッセルは指摘する。

「最終的に皆さんは気付かないだろうし、ファンも気付くことはないだろう。でも、それは間違いなく正しい方向に進んでいる」

また、以前は軽いドライバーがレースシートを手に入れる際に有利になっていたが、今シーズンに導入されたドライバーとバラストのための新しい80kgの最小重量制限は競技の場を平準化した。

以前は身長の高いドライバーは不健康なダイエットを強いられているが、今年からその必要はなくなっている。

「F1は本当にそれを必要としていた。そして、おそらく次のステップはコックピットを標準サイズにすることだと思う」とジョージ・ラッセルはコメント。

新しい体重ルールによって、ジョージ・ラッセルは冬の間は筋力アップを果たすことができた。

「僕はいつも軽い側にいた」とジョージ・ラッセルは認める。

「今はノーマルの大きさ、普通の体型だ。昨年は66キロだった」

「クリスマスの間には約6キロくらい増えた。七面鳥からだけでなく、ジムでのトレーニングにとってもね。より健康だと感じている」

「今は72~73キロだし、よりエネルギーが得られたと感じている。気分が良くなった。僕のガールフレンドも僕の気分が良くなったと主張するだろうね。それは多くの点で非常に有益だ。

ジョージ・ラッセルは、F1マシンに乗った際に、重量差がコース上のパフォーマンスに本当に重要な影響を与えることがわかったと語る。昨年F2でタイトルを獲得したジョージ・ラッセルは、メルセデスの開発ドライバーとしてF1公式テストに参加している。

「F2では制限はなかった」とジョージ・ラッセルは語る。

「ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスよりも体重で昨年のメルセデスに飛び乗っていたら、とにかくストップウォッチは遅かっただろう」

「自分にできることを示したかったし、追加の制限は望んでいなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジョージ・ラッセル | ウィリアムズ