フォーミュラE
フォーミュラE 第6戦 三亜ePrixの決勝が3月23日(土)に行われ、ジャン・エリック・ベルニュ(テチーター)がトップでチェッカーを受けたが審議対象となっている。

中国でのフォーミュラE開催は3シーズンぶり。当時は上海で開催されていたが、今季は中国南部の三亜(サンヤ)市に設置される2.2kmのストリートコースで初開催となった。

若干のスタート進行の遅れのあと、45分+1周のレースはスタート。ポールポジションのオリバー・ローランド(日産e.dams)が好スタートを決めてトップを維持。ジャン・エリック・ベルニュ(テチーター)が続く。

だが、フェリペ・ナッセがコース上でストップしたことによるフルコースイエローが導入される。すぐにリスタートされたが、ここでチャンピオンシップリーダーのサム・バード(ヴァージン)とストフェル・バンドーン(HWA)がリタイアとなる。

レースが20分に差し掛かったところでジャン・エリック・ベルニュがオリバー・ローランドを抜いてトップに浮上する。

残り10分でアレクサンダー・シムズ(BMW)にクラッシュしたことによってレースは赤旗中断。3戦連続での赤旗中断となった。だが、リスタート時にここでジャン・エリック・ベルニュにセーフティカーとの距離を空けすぎたとして審議対象となる。

最終ラップ直前にルーカス・ディ・グラッシ(アウディ)とロビン・フラインス(ヴァージン)が接触してフルコースイエロー。そのままレースは終了した。

トップでチェカーを受けたのはジャン・エリック・ベルニュ。2位にはオリバー・ローランドが続いて初表彰台。日産としても初表彰台となる。3位にはアントニオ・ダ・コスタ(BMW)が続いた。ダ・コスタはチャンピオンシップリーダーに浮上している。

スーパーポールが取り消され、さらにピットレーンスタートとなったセバスチャン・ブエミ(日産e.dams)は6位でレースを終えた。

2018/19 フォーミュラE 第6戦 三亜ePrix 決勝順位・結果
PosNoドライバーチーム
125ジャン・エリック・ベルニュDSテチーター
222オリバー・ローランド日産 e.dams
328アントニオ・ダ・コスタBMW i アンドレッティ・モータースポーツ
436アンドレ・ロッテラーDSテチーター
566ダニエル・アプトアウディスポーツ・アプト・シェフラー
623セバスチャン・ブエミ日産 e.dams
764ジェローム・ダンブロシオマヒンドラ・レーシング
894パスカル・ウェーレインマヒンドラ・レーシング
920ミッチ・エバンスパナソニック・ジャガー・レーシング
1048エルアルド・モルタラベンチュリ・フォーミュラEチーム
1119フェリペ・マッサベンチュリ・フォーミュラEチーム
1216オリバー・ターベイNIOフォーミュラEチーム
138トム・ディルマンNIOフォーミュラEチーム
144ロビン・フラインスエンビジョン・ヴァージン・レーシング
 11ルーカス・ディ・グラッシアウディスポーツ・アプト・シェフラー
 3ネルソン・ピケJr.パナソニック・ジャガー・レーシング
 27アレクサンダー・シムズBMW i アンドレッティ・モータースポーツ
 17ゲイリー・パフェットHWAレースラボ
 7ホセ・マリア・ロペスGEOXドラゴン
 5ストフェル・バンドーンHWAレースラボ
 2サム・バードエンビジョン・ヴァージン・レーシング
 6フェリペ・ナッセGEOXドラゴン


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォーミュラE