フォーミュラE
フォーミュラE 最終戦 ニューヨーク ePrixの決勝レースが7月15日(日)に行われ、2018-2019シーズンのチャンピオンとなったジャン・エリック・ベルニュ(テチーター)が優勝。アウディ勢が2位と3位に入り、チームタイトルを獲得した。

フォーミュラE初のウェットレースの恐れもあったが、ドライバーたちはGen1カーでの最後のレースのためにグリッドに並んだ。レースはチームタイトルをかけた目まぐるしい展開となった。

スタートでは3番グリッドからスタートしたジャン・エリック・ベルニュが首位に浮上する。

わずか数分後にホセ・マリア・ロペス(ドラゴン)がリアサスペンションの故障でコース上にストップ。また、ルカ・フィリッピ(NIO)がアントニオ・ダ・コスタ(アンドレッティ)にオーバーテイクを仕掛けて接触。ダ・コスタはコントロールを失ってジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン)に接触。ドラゴンの2台は早々にレースをリタイアすることになった。

一方、FIAはテチーターの2台のジャンプスタートを調査。ベルニュは免れたものの、アンドレ・ロッテラーに10秒のストップペナルティを科せられた。

ホセ・マリア・ロペスのマシンの回収のためにフルコースイエローとなっていたレースは11周目に再開。ジャン・エリック・ベルニュがリードを維持する一方で、アンドレ・ロッテラーはピットインしてペナルティを消化し、15番手まで順位を下げる。その間、ルーカス・ディ・グラッシ(アウディ)がセバスチャン・ブエミ(アウディ)を抜いて2番手に浮上する。

また、ダ・コスタ、フィリッピ、ダンブロシオの接触についてダ・コスタに10秒のストップ&ゴーペナルティが科せられる。

20周目。ダニエル・アプト(アウディ)がセバスチャン・ブエミを抜いて3番手に浮上。1-2フィニッシュを目指してトップのベルニュを追う。

23周目と24周目に全マシンがマシンの交換を終えた時点で、トップはベルニュ、2位ディ・グラッシ、3位アプト、4位ブエミというポジションでレースは後半戦へ。

一方、ペナルティを科せられた後退したアンドレ・ロッテラーは苦戦を強いられて12番手を走行。テチーターはこのままではチームタイトルには届かない。

残り5周、ディ・グラッシはベルニュのマシンの後方に接触しながらもオーバーテイクを試みるが前に出ることはできない。一方、後方ではアンドレ・ロッテラーが9番手まで順位を上げる。

しかし、レースはここでタイムアップ。優勝はジャン・エリック・ベルニュ。2位にルーカス・ディ・グラッシ、3位にダニエル・アプトが続いてアウディがダブル表彰台を獲得。この結果、アウディは2ポイント差でチームタイトルを獲得した。

アウディのチームプリンシパルを務めるアラン・マクニッシュは「昨日1-2で終えるまではチャンスがあるとは思っていなかった。とにかく信じられない」と語った。

フォーミュラE 第12戦 ニューヨーク ePrix 決勝 結果

PNo.DriverTeam
125ジャン・エリック・ベルニュテチーター
21ルーカス・ディ・グラッシアウディスポーツ・アプト・シェフラー
366ダニエル・アプトアウディスポーツ・アプト・シェフラー
49セバスチャン・ブエミルノー・e.ダムス
519フェリックス・ローゼンクビストマヒンドラ・レーシング
620ミッチ・エバンスパナソニック・ジャガー・レーシング
73ネルソン・ピケJr.パナソニック・ジャガー・レーシング
823ニック・ハイドフェルドマヒンドラ・レーシング
918アンドレ・ロッテラーテチーター
102サム・バードDSヴァージン・レーシング
118ニコラス・プロストルノー・e.ダムス
1227ステファン・サザランアンドレッティ・フォーミュラE
1316マー・チンホワNIOフォーミュラEチーム
1436アレックス.リンDSヴァージン・レーシング
1528アントニオ・ダ・コスタアンドレッティ・フォーミュラE
 5マーロ・エンゲルベンチュリ・フォーミュラEチーム
 68ルカ・フィリッピNIOフォーミュラEチーム
 7ジェローム・ダンブロシオドラゴン・レーシング
 6ホセ・マリア・ロペスドラゴン・レーシング
 4トム・ディルマンベンチュリ・フォーミュラEチーム


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォーミュラE