フォーミュラE ルノー
ルノーは、来シーズンのフォーミュラEに置いて、パワートレインメーカーとしてファクトリー参戦することを発表した。

ルノーのファクトリー参戦は、フォーミュラE初シーズンへの関与の結果として予想されていた。

初年度、ルノーは、マクラーレン・エレクトロニクスの電気モーターと電子機器、ウィリアムズ・アドバンスド・エレクトロニクスのバッテリーを監督するコントロールパワートレインの役割を果たした。

また、アラン・プロスト率いるe.damsにも関与し、チームチャンピオン獲得に貢献した。

「我々は来シーズンからフルコンストラクターになる。我々はマシンのためにパワートレインを開発しており、来年それはルノーになる」とルノー・スポールのCEOであるパトリス・ラッティは述べた。

「今年はスパークス・ルノーであり、全てのチームによって使用された。来年、ルノーはe.damsルノーによって使用される」

「我々は電気自動車の戦略の一貫としてフォーミュラEをしている。それがテクノロジーの成長を助け、EVが環境に良いだけでなく、エキサイティングで楽しいものだと考えたからだ」


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォーミュラE | ルノー