フォーミュラE
フォーミュラEは、将来的に電気自動車レースカーをトラック上でワイヤレスで充電することを目指している。

フォーミュラEは、ワイヤレス充電の有力企業「クアルコム(Qualcomm)」との複数年の技術提携を発表。

発表された“ダイナミック・チャージング”と呼ばれる技術では、“レース用ライン”と“充電用ライン”を設定し、充電用のラインでは全てのクルマがレース中にワイヤレスで充電を行うことができるとしている。

クアルコムは、ダナミック・チャージング導入の具体的なスケジュールは出していないが、一桁台の年数で利用できるようになるとしている。

フォーミュラEホールディングスのアレハンドロ・アガクCEOは、同技術が導入されれば、2台別々のマシンで2レースをするという現状のレースフォーマットを変更すると述べた。

「我々はこのテクノロジーに完全にオープンだ」とアレハンドロ・アガクは述べた。

「テクノロジーが利用できるようになれば、それを導入することを目指して努力していく。必要であれば、レースフォーマットも変更するつもりだ」

「必要となるのはFIAからの承認だ。だが、今後取り組んでいけることだと思っている」

「現時点でそれはビジョンであるが、それが我々のビジョンだ。その種のテクノロジーのために我々はここにいる」

2014年からは、クアルコムの“Halo”充電システムが利用される。同システムは、所定の駐車位置でワイヤレスでクルマを充電することができる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォーミュラE